Last-modified: 2017-04-02 (日) 14:37:29 (21d)

【MRJ】(えむあーるじぇい)

Mitsubishi Regional Jet.

三菱重工業が開発・生産を進めている*1国産の小型双発ジェット旅客機
「日本企業が設計・開発・最終組立まで行う旅客機」としては、1960年代に開発・生産されたYS-11以来、約50年ぶり・2機種目の機体となる*2

機体は70〜90席クラスで、国内の地域間輸送やLCCでの使用に特化されたサイズとなっているが、構造部材の軽量化や機体形状の最適化などにより、競合他社の機体に比べて燃料消費率を2割節減すると共に低騒音化・環境負荷の軽減に成功した。
また、キャビンは座席の間隔を広く取り、手荷物収納スペースも増やすなど、乗客の居住性向上も目指すこととしている。

本機の開発は、2002年に経済産業省が打ち出した「環境適応型高性能小型航空機」計画に端を発する。
このプロジェクトでは、YSXまでの「各社横並び事業」ではなく、積極的に参加する企業が自己責任で開発を推し進めることとされ、これに参加を表明した三菱が中心*3となって計画が始動した*4

2010年9月に図面設計を完了。同月30日*5、生産が開始。
2014年10月18日に初号機がロールアウト、翌2015年11月11日に名古屋飛行場*6初飛行を行った。
今後は日米で試験飛行を行い、2020年以降にユーザーへの納入を目指す*7

セールス状況

本機は現在、ローンチカスタマーとなる全日本空輸*8*9に加え、日本航空*10、アメリカのトランスステイツ航空、スカイウエスト航空、イースタン航空、エアロリース社、ミャンマーのマンダレー航空、スウェーデンの航空機リース会社「ロックトン」の8社が購入を決めており、合計447機(確定243機、オプション180機及び購入権*1124機)の受注を得ている。

なお三菱では、本機の型式証明取得から20年間の受注目標を1,500機としている。

また、これ以外にもカタール航空やベトナム航空、イラン航空などが導入を検討している他、日本国政府も「政府専用機」として10機前後の導入を検討している*12という。

スペックデータ

形式MRJ70MRJ90
タイプSTD
(標準型)
ER
(長距離型)
LR
(航続距離延長型)
STD
(標準型)
ER
(長距離型)
LR
(航続距離延長型)
乗員2名(機長副操縦士
座席数
(単一クラス)
78席92席
座席数
(2クラス)
70〜74席81〜85席
全長33.4m35.8m
全高10.4m
全幅29.7m
貨物室容積644cubic feet
最大離陸重量36,850kg38,995kg40,200kg39,600kg40,995kg42,800kg
最大着陸重量36,200kg38,000kg
エンジンギアードターボファン×2基
P&W PW1215GP&W PW1217G
推力66.7kN×275.6kN×2
最大運用速度M0.78
離陸滑走距離
(最大着陸重量時)
1,450m1,620m1,720m1,490m1,600m1,740m
着陸滑走距離
(最大着陸重量時)
1,380m1,420m
航続距離
(旅客満載時)
1,530km2,730km3,380km1,670km2,400km3,310km


派生型

  • MRJ90:座席数90席の基本モデル。
  • MRJ70:座席数70席の小型モデル。
    • MRJ90/70STD:標準型。
    • MRJ90/70ER:航続距離延長型。
    • MRJ90/70LR:長距離型。

競合機

本機が発売される頃、市場に出ているライバル機には以下のようなものがある。

  • BAe(イギリス)
    • アブロRJ(RJ70/RJ85/RJ100/RJ115)?
  • エンブラエル?(ブラジル)
    • Eジェット(E170/E175/E190/E195)?
  • ボンバルディア(カナダ)
    • CRJ700/900?
    • DHC-8-400?
    • CS100/300?
  • イリューシン?(ロシア)
    • Il-114?
  • ベリエフ?(ロシア)
    • Be-210?
  • スホーイ・スーパージェット・プロジェクト*13(ロシア・アメリカなど)
    • スホーイ・スーピェルジェト100(SSJ100-60/SSJ100-75/SSJ100-95)?
  • アントノフ(ウクライナ)
  • AVICI(中華人民共和国)
    • ARJ21?
  • ATR(フランス・イタリア)
    • ATR72?


*1 実際の開発・生産・販売は同社の100%出資子会社「三菱航空機」が行う。
*2 「三菱製の旅客機」としては、第二次世界大戦前の1940年に開発された「MC-20(「一〇〇式輸送機」として陸軍に納入された機体の民間型)」以来、75年ぶりとなる。
*3 この他、富士重工業と日本航空機開発協会、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、東北大学がプロジェクトに参加した。
*4 なお、三菱は本機のプロジェクト開始に伴い、それまで開発・生産に参画していたボンバルディアCRJのプロジェクトからは撤退することになった。
*5 くしくもこの日は、2006年にYS-11が国内エアラインから退役した日でもあった。
*6 YS-11の初飛行も同飛行場で行われた。
*7 当初は2012年に初飛行、2014年以降に納入するとしていた。
*8 同社はYS-11のローンチカスタマーでもあった。
*9 営業運航は同社の子会社である「ANAウイングス」社が行う予定。
*10 営業運航は同社の子会社「ジェイエア」が行う予定で、2021年以降の導入を予定している。
  なお、同社は当初、本機の導入を見送っていた。

*11 製造スロットの確保はないが、特定の期間内に確定した発注条件と同条件で航空機を購入できる権利。
*12 B737よりも小型のため、B747-400をベースとした現行のB747-47Cに比べて燃費が良く、運航できる空港の数が増える利点がある。
  ただし本機は、太平洋横断などの長距離飛行ができないため、仮に導入されたとしても国内及び近隣国向けの補助的な役割にとどまると見られる。

*13 スホーイイリューシン?ボーイングによる国際共同開発である。細かな分野では伊、独、仏のメーカーも参加している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS