Last-modified: 2017-04-24 (月) 07:54:20 (211d)

【MOAB】(もあぶ)

GBU-43/B MOAB*1

アメリカ軍が、アフガン戦争中(2001年10月7日〜)に実験と称して公開した超大型GPS誘導爆弾
BLU-82の後継と目されており、広範囲の衝撃波によりキノコ雲が生じるほどの破壊力を誇る。
BLU-82と同様、C-130C-17輸送機から投下される。

搭載爆薬はスラリー爆薬およびトリトナール爆薬*2を使用する。
命中精度が高くピンポイント爆撃も可能であるが、その危害範囲は数百メートルにも及ぶ。

イラク戦争では1発が実戦配備されたが、使用はされなかった。
2017年4月13日、アフガニスタンのナンガルハール州アチン地区にあるイスラム国のトンネル施設に、実戦において初めて使用された。

関連:グランドスラム?

性能諸元

全長9.17m
直径102.9cm
総重量10.3t
炸薬量8,482kg



*1 Massive Ordnance Air Blast(大規模爆風兵器)の略。非公式にMother Of All Bombs(全ての爆弾の母)と称される事もある。
*2 TNT 80%とアルミニウム粉末 20%を混合したもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS