Last-modified: 2017-06-10 (土) 16:00:08 (185d)

【MIM-3】(えむあいえむさん)

MIM-3 Nike Ajax(ナイキ・エイジャックス)
1945年にアメリカが開発・配備した2段式大型地対空ミサイル

ナイキミサイルの最初の型として実用化され、アメリカ陸軍で、本土及び最前線の戦略拠点の防空に利用されていた長射程高射砲の代替として登場した。
当初の制式名はSAM-A-7(後にM1)と呼ばれていた。
アメリカの他、日本*1など9カ国に配備された。

発射サイトは下記の3エリアで構成されている。

  • Cエリア:
    レーダー区画。
    目標の表示や迎撃の指示を行うコンピュータ・システムに加え、侵入する目標を探知・追跡し、ミサイルを指揮・追跡するためのIFC*2レーダーシステムを備える。

  • Lエリア:
    ミサイル発射機。
    1つ〜3つの地下ミサイル弾倉を持ち、各々4基の発射機に給弾するようになっていた。

  • Aエリア:
    IFCと同じ位置に配置される管理地域。
    中隊本部や兵舎のほか、食堂、レクリエーション・ホール及び駐車場を備える。

誘導方式は地上からの無線指令誘導で、追尾レーダー(MTR)による管制を受けつつ目標追尾レーダー(TTR)で捕捉されている敵性航空機へ誘導され、二段目の頭部・中部・下部の3ヶ所に搭載された破砕弾頭で撃墜する。
主に原子力施設や大陸間弾道ミサイルサイトなどの戦略拠点の周囲や長距離爆撃機基地、人口密集地の防空に使用され、州兵軍又は連邦政府直轄軍が運用した。

1960年代から後継であるMIM-14と順次交代し、1964年に退役した。

関連:SA-2

カタログスペック(MIM-3A)

全長10.61m
本体長6.40m
ブースター長4.21m
翼幅1.37m
直径30.5cm
ブースター直径80cm
発射重量450kg
ブースター重量660kg
推進方式固体燃料ロケットモーター
エンジンアレゲーニー弾道学研究所 M5 固体燃料ロケットモーター推力246kN)×1基(ブースター部)
ベル・エアクラフト液体燃料ロケットモーター(推力11.6kN)×1基(本体)
最大速度M2.3
最大到達高度21,300m
射程距離48km
誘導方式地上レーダーによる指令誘導
弾頭高性能炸薬破片効果弾頭×3基
弾頭重量5.44kg(先端部)
81.2kg(中央部)
55.3kg(尾翼部)



*1 当初は「高射砲の延長」として陸上自衛隊で運用されていたが、後継のMIM-14航空自衛隊で運用されることになったため、本ミサイルも空自の管轄に移された。
*2 Integrated Fire Control:統合火器管制。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS