Last-modified: 2016-02-22 (月) 10:50:23 (659d)

【MACシップ】(まっくしっぷ)

Marchant Aircraft Carrier.(商船空母

第二次世界大戦中の英国で、輸送船団の護衛用に用いられた護衛空母の一種。
ただし「商船から改造した空母」というより「哨戒機が発着できる国営商船」と表現した方が実態に近い。

徴用した商船に、簡易な飛行甲板と格納庫を設置する改装を施したもの*1
哨戒機として、ソードフィッシュ艦上攻撃機を4機まで搭載できた。
貨物船としての機能はそのまま保持され、商船時代の船員もそのまま軍属の船員として雇われた。

ドイツ海軍の通商破壊戦への緊急対策として一時的に投入されたもので、アタッカー級護衛空母*3が配備されるまで限定的に運用されていた。
幸いにも戦闘による損失艦はなく、終戦後には全艦が商船へと再改装されて民間に払い下げられている。

MACシップの各級

  • エンパイア・マックアルペイン級(穀物運搬船から改装、7,930t):計6隻
    • エンパイア・マックアルぺイン
    • エンパイア・マッケンドリック
    • エンパイア・マックアンドリュー
    • エンパイア・マクダーモット
    • エンパイア・マクレー
    • エンパイア・マッコーラム

  • ラパナ級(タンカーから改装、11,009t):計9隻
    • ラパナ
    • アンサイラス
    • アカヴァス
    • アレクシア
    • アマストラ
    • ミラルダ
    • アドゥラ
    • ガディラ
    • マコマ

  • エンパイア・マッケイ級(穀物運搬船から改装、11,246t):計4隻
    • エンパイア・マッケイ
    • エンパイア・マッコール
    • エンパイア・マクマホン
    • エンパイア・マックケイブ


*1 同様のコンセプトの艦には、日本の「特TL型*2」がある。
*2 「TL」型タンカー護衛空母の機能を搭載したもの。「しまね丸」「山汐丸」の2隻が竣工したが、実戦には参加しなかった。
*3 アメリカ海軍のボーグ級護衛空母をレンドリースされたもの。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS