Last-modified: 2016-04-29 (金) 11:12:15 (509d)

【M1ライフル】(えむわんらいふる)

Springfield US Rifle Caliber .30 M1 (M1 Garand)
第二次世界大戦時、アメリカ陸軍が使用した自動小銃
開発主任であったJohn C Garand氏の名をとって「ガーランド」と呼ばれることも多い。

給弾方法は、当時ポピュラーだったクリップ式で、30-06弾が8発入ったクリップを上部から差し込むようになっている。
そして弾丸をすべて撃ち尽くすと、自動的にクリップが甲高い金属音を響かせて飛ぶ。
これは射手に弾切れを教えてくれ、また「マガジンのようにクリップを外す必要がなく、そのまま次のクリップを差し込めばいい」という一見便利な機能であったが、「音で自分に弾切れを教えてくれる」ということは、同時にそれを敵に教えてしまうということでもある。
そのため、この機能は前線の兵士から疎まれた。

また、本銃の装填機構は8発単位でないと弾が装填できず、途中で銃から外してクリップに再装填ということが不可能で*1、数多くの弾が適当な方向に無駄に撃たれたといわれている。
重量が大きいという欠点もあったが、各国がボルトアクションライフルを用いる時代であったため、強力な火力を持っていた。

朝鮮戦争の頃になると、ソ連がAK47と呼ばれる弾倉式突撃銃をデビューさせたため、時代遅れとなった。
しかしながら、1960年代のベトナム戦争でも後継銃であるM14及びM16の不足により使われた。

世界初の「工業製品」としての銃

前記の通り、本銃は歩兵火力の面でも大きな変化をもたらしたが、それ以上に特筆すべき点は「工業製品」としての変化であろう。
当時の銃は、同じモデルであっても部品のサイズ・形状などの規格がきちんと統一されておらず、また、1丁1丁を手作業で組み立てる「工芸品」の域を出ていなかったため、製造現場で部品の形を調整することが多々あり、同じ部位に使われている部品の個体同士の互換性が全く無いのは当たり前だった。
(日本において、このことは旧軍の主力小銃であった三八式歩兵銃の短所として指摘されているが、当時はどの国でもそうだった)

しかし、本銃は部品規格を統一し、個体同士の互換性を持たせることに成功。
「工芸品」から「工業製品」へと移り変わった世界最初の小銃として、後世に語り継がれることになった。

スペックデータ

種別セミオートマチックライフル
製造社スプリングフィールド国営造兵廠
ウィンチェスター・リピーティングアームズ
口径7.62mm
全長1,108mm
銃身長610mm
重量4.37kg
使用弾薬.30-06スプリングフィールド(7.62×63mm)
7.62mm×51 NATO
作動方式ガス圧作動(ロングストロークピストン式)・ターンロックボルト
装弾数8発
銃口初速848m/s
有効射程1,500m
製造年1936〜1957


バリエーション

  • タンカースモデル:
    前部ハンドガードを3分の1ほどの長さまで短縮した戦車兵用カービンモデル。

  • M1C ガーランド・スナイパーライフル:
    M84スコープを追加した狙撃銃モデル。
    レシーバーにマウントベースを追加している。

  • M1D ガーランド・スナイパーライフル:
    レシーバーとバレルの間にマウントベースを挟む込む形に変更したモデル。

  • M14A:
    改良型アサルトライフル。
    多弾倉ボックスマガジンを採用し、フルオート射撃が可能になった。
    • M1A:
      民間モデル。
    • M21:
      狙撃銃型。

  • 四式自動小銃
    日本軍によるコピーモデル。詳しくは項を参照。


*1 一応、弾を撃ちきらずにクリップを排出することもできたが、排出すると「8-排出した弾丸数」の弾をどこかから調達してきて、それと一緒に装填しないと再使用できなかった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS