Last-modified: 2017-02-22 (水) 19:26:53 (29d)

【M1(戦車)】(えむわん(せんしゃ))

M1 Abrams
アメリカ陸軍海兵隊で使用されている第三世代主力戦車
愛称「エイブラムス」。1970年代に没したクレイトン・ウィリアムズ・エイブラムス・ジュニア陸軍大将にちなむ*1

M60「パットン」の後継として1980年代に登場し、現在までに8,000両近くが生産された。
アメリカの他、エジプト・サウジアラビア・クウェートなどの中東親米国家やオーストラリアにも輸出されている。
また、イラク戦争?終結後はイラク軍治安部隊にも多数供給される予定。

湾岸戦争イラク戦争?に投入されたため、同世代の主力戦車の中で最も実戦経験が多い。
湾岸戦争ではイラク軍のT-72T-62T-55等に対して圧倒的な性能優位を見せつけた。
一方で否定的な戦訓も多く集まり、車両の改善点のみならず、戦車の運用教則にも多大な影響を与えている。

例えば、主砲の有効射程が長大すぎて索敵能力が追いつかず誤射が多発したという報告がある。
このため、後期モデルでは敵味方識別装置が搭載されている。

性能面での最大の特徴は、戦車としては珍しいガスタービンエンジンの採用*2
これは瞬発力を高め機動力・登坂能力の向上に寄与しているが、反面で航続距離、特に低速走行・停車時の燃費を大きく悪化させている。
停車時のアイドリングだけで45リットル毎時の燃料を消費するため、待機中は主機を落としてAPUのみを稼働させる事が推奨されている。
また、車体後部から人が死ぬほど高温の排気ガスが放出されるため、歩兵が盾にする際に厳重な注意を必要とする。

推定される経済燃費は約420m/リットル。
他国の同世代戦車の2倍近い容量の燃料タンクを持つにも関わらず、作戦行動を行えば約8時間で燃料切れを起こす。
つまり、「前線の敵地まで大型トラックが1日3往復して給油する」という悪夢のような兵站負荷を生じさせる。

関連:劣化ウラン弾 湾岸戦争症候群 バルカン症候群?

スペックデータ

乗員4名(車長・操縦手・砲手・装填手)
全長9.83m
車体長7.92m
全幅3.66m(スカート付)
全高M1A1:2.44m
M1A2:2.37m(砲塔上面まで)
空車重量34.50t
戦闘重量M1:54.45t
M1IP:57t
M1A1:57.15t
M1A1(HA):61.5t
M1A2:62.1t
M1A2 SEP:63.2t
懸架方式独立懸架トーションバー方式
エンジンハネウェル AGT1500ガスタービン(出力1,500hp)
登坂力60%
超堤高1.06m
超壕幅2.74m
最大速度67.6km/h(路上)
48km/h(不整地)
行動距離M1:495km
M1A1:465km
M1A2:426km
装甲砲塔及び車体前面:400mm(複合装甲
車体:均質圧延鋼板
兵装M1/IPM1:M68A1 105mmライフル砲×1門
M1A1/A2/A2 SEP:M256 44口径120mm滑腔砲×1門(弾数40発)
M2 12.7mm重機関銃×1挺(対物・対空用、弾数1,000発)
M240 7.62mm機関銃×2挺(主砲同軸、弾数12,400発)
M1A2SEP/V2/V3:M153「CROWSII」RWS(車長ハッチ前方、ブローニングM2を装備)
6連装発煙弾発射器×2基
使用砲弾M829 APSFSDS
M830 HEAT-MP-T(西独ラインメタル社製DM12A1のライセンス生産*3
M1028 キャニスター弾


主なバージョン

  • XM1:
    MBT-70?計画の後継として開発されたM1の試作車。
    初期はXM815と呼ばれた。

  • M1:
    最初期型の基本タイプ。
    HEAT対応の空間装甲を装備。
    主砲はロイヤルオードナンス社製L7 105mmライフル砲のライセンス生産品であるM68A1を搭載。

    • M1IP/IPM1:
      M1の改良型。
      装甲の強化及び主砲基部・変速機・サスペンション・ショックアブソーバーの改良が施されている。

  • M1A1:
    主砲をM256 44口径120mm滑腔砲(ラインメタル社製L44のライセンス生産品)に換装。
    装甲を対鉄弾芯APFSDS対応の無拘束セラミックス装甲に換装。
    搭載される電子機器類の換装や車内配置の変更が施された。
    相当数が生産され、湾岸戦争にも参戦した。

    • M1A1HA:
      APFSDS対策として、砲塔および車体前面部の複合装甲に劣化ウラン装甲材を導入。
      湾岸戦争前夜に改造用キットが大量に調達・支給された。

    • M1A1HC:
      アメリカ陸軍海兵隊の部品共通化プログラムへの対応や燃費の改善、補助動力装置を装備した型。

    • M1A1D:
      M1A1用の「Digital enhancement package」を適用し、共同作戦対応能力を付与した型。

    • M1A1M:
      M1A1のアップグレード型。主にイラクへの輸出用。

    • M1A1AIM*4
      AIM改修を施したM1A1の近代化改修型。

    • M1A1SA*5
      M1A1AIM V2とも呼ばれる近代化改修型。
      第三世代の劣化ウラニウム?装甲を装備。
      車外通話電話、車長用防護キット、装填手用機銃シールド等が追加されている。

    • M1A1FEP*6
      アメリカ海兵隊の近代化改修型。陸軍のM1A1SA / AIM V2に相当する。
      主な改修内容は、電子機器の更新や車外有線電話の設置、新型砲弾の搭載などである。

    • M1A1KVT:
      カリフォルニア州フォート・アーウィン国立訓練センターのアメリカ陸軍仮想敵部隊(OPFOR)が運用するM1A1。
      ロシア製戦車に似せたアグレッサー

  • M1A2:
    M1シリーズの最新型。C4Iシステムなど車内の電子機器をグレードアップした。
    戦車長用の暗視装置付きペリスコープや自己位置特定システム、戦術データリンクなどが追加された。

    • M1A2SEP:
      M1A2向けのシステム拡張パッケージ(System Enhancement Package)をA1型に適用した型。
      陸軍戦闘指揮システムFBCB2(Force XXI Battlefield Command Brigade and Below.)に対応したほか、向上形冷却装置を搭載する。
      現在米軍が保有するM1、M1A1はこのM1A2やSEPと呼ばれるA2に近い内容に改修されている。

      • M1A2SEP V2:
        SEPの改良型。
        砲塔上へのM153「CROWSII」RWSの追加やAN/ULQ-35「デューク」IED起爆妨害装置を搭載。
        装甲の追加や最新の発煙弾発射機の搭載、各種電子装備の更新、高性能エアコンの設置などが施されている。

      • M1A2SEP V3:
        現在のM1シリーズ最新型。
        電子機器やソフトウェアを更新。
        主砲をM829E4 APFSDSおよびXM1147次世代多目的弾に対応させた。
        改良型FLIRの搭載、折り畳みが可能な新型RWS(CROWS-LP)の装備などの改修が施されている。

    • M1A2S:
      サウジアラビア向けモデル。
      電子装備の改修やAIMの改修も施されているが、劣化ウラン装甲は取り外されている。

  • M1A3:
    現在開発中の型式。
    ・軽量120mm戦車砲へ換装し、自動装填装置?を組み込み
    ・車内電気配線の光ファイバー?
    ・新型軽量装甲の挿入
    エンジンおよび駆動系の換装 ・重量を60t未満に軽量化 といった予定。2020年までの開発完了を目指している。

その他の派生型

  • M104「ウルヴァリン」HAB*7
    M1A2 SEPベースの架橋戦車型。

  • M1ABV*8
    アメリカ海兵隊で運用されている工兵車両型。愛称「ブリーチャー(Breacher:切り開く者の意)」。
    想定される任務は地雷IEDの除去処理。
    砲塔部に地雷原啓開用導爆索システム(M58 MICLIC(Mine Clearing Line Charge.) )を、車体前方にチタン製の除雷鋤を装備。
    武装として、ERA付きの砲塔TWS付きのリモコン式12.7mm機関銃を装備している。

  • M1「グリズリー」CMV*9
    M1の車体にドーザー、バケットなどの装備を取り付けた工兵車両型。
    366輌生産される予定だったが、中止された。

  • M1「パンサー」MCV*10
    M60「パンサー」地雷処理車の後継として開発された地雷処理車両。
    砲塔を撤去したM1の車体にマインプラウ若しくはマインローラーを装着したもので、リモコンによる無人遠隔操作で行動できる。

  • XM2001「クルセイダー」:
    M1の車体を流用して開発された自走榴弾砲。
    密閉式砲塔にXM297 長砲身56口径155mm砲を搭載し、高度に自動化された射撃・再装填システムを持つ。
    重量やコストの問題により2002年に開発中止。

  • M1 Abrams LIBERTY AIR-DEFENCE SYSTEM:
    M1の車体を元に、対空機銃や地対空ミサイルを搭載した対空戦車型。計画中止。

  • M1 Abrams AGDS:
    主砲を撤去して2連装の「ブッシュマスターIII」35mm機関砲とADATS地対空ミサイルを搭載した自走高射砲?
    計画中止。

  • M1 TTB:
    試験戦車。
    120mm砲を装備した無人砲塔を搭載し、乗員は車体前部に集中配置されている。
    主砲は自動装填式になったため、乗員は3名に減っている。

  • M1 CATTB:
    先進要素技術試験戦車。
    自動装填式140mm砲・ステルス性・新型ガスタービンなどの新技術などが試験されている。

*1 第二次世界大戦における戦車戦において数多の功績を挙げて名声を博したアメリカ陸軍の名将。
  参謀を経て高級指揮官として立身しつつも、1974年に病没。享年59歳。

*2 本車以外でガスタービンエンジンを採用しているのは、旧ソ連のT-80やスウェーデンのStrv.103だけである。
*3 ジェネラル・ダイナミクス社が担当。
*4 Abrams Integrated Management(エイブラムス統合管理)の略。
*5 "Situational Awareness"の略。
*6 "Firepower Enhancement Package"の略。
*7 Heavy Assault Bridge.
*8 Assault Breacher Vehicle:突撃啓開車輌。
*9 Combat Mobility Vehicle.
*10 Mine Clearing Vehicle.

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS