Last-modified: 2013-06-11 (火) 09:47:26 (1444d)

【M-84】(えむはちじゅうよん)

ユーゴスラビアが1980年代に開発した主力戦車
ソ連のT-72Mをベースにしており、1984年から部隊配備が開始された。

基本構造はT-72と同じだが、砲塔上部に筒状の環境センサーが装備され、暗視照準装置をアクティブ式からパッシブ式に変更、レーザー測遠機と自動リンクした弾道計算機を搭載している。
エンジンは、V-84液冷ディーゼルエンジンにターボ過給器とインタークーラを加えたV-46TKへと換装されている。

戦歴ではユーゴスラビア紛争や湾岸戦争で使用された。

ユーゴスラビア以外では、クロアチアやスロベニア、セルビアなどでも運用されているほか、クウェートやイラク戦争後の新生イラク軍に輸出されている。

スペックデータ

乗員3名
全長9.53m
全高2.19m
全幅3.57m
戦闘重量48t
懸架方式トーションバー方式
エンジンV-46TK 液冷ターボチャージドディーゼルエンジン(出力1,000hp)
登坂力58%
超堤高0.85m
超壕幅2.8m
最大速度65km/h(路上・整地)
行動距離500km
装甲複合装甲
兵装2A46 51口径125mm滑腔砲×1門(携行弾数42発)
M87 12.7mm機関銃×1挺(対空用、携行弾数300発)
M86? 7.62mm機関銃×1挺(主砲同軸、携行弾数2,000発)
5連装発煙弾発射機×2基
生産台数約500両


主なバリエーション

  • M-84:
    ユーゴスラヴィアでライセンス生産された型。
    輸出型はクウェート軍に200輌配備され、イラク戦争後のイラク軍でも使われている。

    • M-84A:
      M-84の発展型。

    • M-84A1:
      ユーゴスラヴィアで生産。
      射撃統制装置の強化及びエンジンを1,000hpに強化している。

    • M-84AB:
      クウェートに輸出された発展型。
      コンピューター制御式のSUV-M-84射撃管制装置を搭載しているほか、DNNS-2昼夜間ガンサイト、新型の各種ペリスコープや通信装置、ジャイロコンパスなどを装備している。

    • M-84ABN:
      M-84ABに地上ナビゲーターを搭載した型。

    • M-84ABK:
      指揮戦車型。
      指揮系統のための機器や地上ナビゲーター、能力の高い交信システムを搭載する。

    • M-84AB1:
      2005年にセルビア・モンテネグロで発表されたM-84ABの発展型。

    • M-84ABI:
      装甲回収車型。

    • M-84A4「スナイペル」:
      クロアチアで生産されたM-84A/ABの発展型。
      SCS-84昼夜間ガンサイトを搭載し、弾道計算機などのコンピューター類を強化している。

    • M-95「デグマン」:
      M-84Aをベースに改修版の爆発反応装甲・レーザー誘導型対戦車ミサイル発射機能などを採用した発展型。

    • M-95「コブラ」:
      M-84A4をベースにした発展型。

    • M-84AS(M-2001):
      セルビア・モンテネグロで開発された発展型。準T-90S仕様。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS