Last-modified: 2016-08-08 (月) 11:35:57 (259d)

【M-105】(えむひゃくご)

Klimov M-105(VK-105)
ソ連のクリーモフ設計局?で開発された、1,000馬力級の航空機用液冷レシプロエンジン
フランス製の「イスパノ・スイザ12Y」レシプロエンジンを「M-100」としてライセンス生産した際の経験を元に1940年に設計された。
当初はM-105と呼ばれていたが、第二次世界大戦中にVK-105に変更された。

1段2速式過給器や1気筒あたり2つの排気バルブ、イーチバランスシャフトなど当時としては先進的な構造を備えていた。

大戦中は9万基以上が製造され、主にLaGG-3?Yak-1?などに搭載されていた。

主な搭載機

  • ソ連
    • ラボーチキンLaGG-3?
    • ヤコブレフYak-1?
    • ヤコブレフYak-3?
    • ヤコブレフYak-4?
    • ヤコブレフYak-7?
    • ヤコブレフYak-9?
    • ペトリャコフPe-2?
    • イェルモラエフYer-2?

  • フィンランド
    • モラーヌ・ソルニエM.S.406

仕様緒元

タイプ液冷レシプロエンジン
ボア×ストローク148mm×170mm
排気量35.09L
乾燥重量620kg
圧縮比7.1
シリンダー配列V型12気筒
過給器遠心式スーパーチャージャー1段2速
出力1,210hp/2,600rpm(離昇?出力)
1,180hp(高度2,700m)
比出力34.5hp/L
出力重量比?1.95hp/kg


派生型

  • M-105P:
    Yak-1やLaGG-1などの戦闘機向けに開発された型。
    出力1,050hp前後、V字型に配列されたシリンダーの間にプロペラ同軸機関砲を搭載できた。

  • M-105PA:
    小改良型。1941年から生産された。

  • M-105PF(VK-105PF):
    高高度での性能を犠牲にする代わりに低空での出力を増大させた型。
    Yak-1B、Yak-7B、Yak-9、LaGG-3後期型などに搭載された。

  • VK-105PF2:
    更なる出力向上を図ったモデル。出力1,300hp程度。
    Yak-3に搭載。

  • M-105PD:
    高高度性能を向上させたモデル。試作のみ。

  • M-105R:
    減速比を下げた爆撃機向けモデル。
    Pe-2、Yak-4などに搭載。

  • M-105RA:
    M-105RにM-105PAと同様の改良を加えた型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS