Last-modified: 2014-08-18 (月) 21:53:41 (1128d)

【LOSAT】(ろーさっと)

MGM-166 "LOSAT(Line Of Sight Anti Tank:有視界戦車対策)"

アメリカ陸軍が開発していた対戦車ミサイル

M551「シェリダン」?軽戦車の退役に伴う後継機種として、2003年に開発がスタート。
HMMWVに搭載して空挺降下し、主力戦車が到着するまで敵戦車を抑止する運用が想定されていた。
しかし価格・容積・重量などの要求により、2004年にあえなく開発中止となった。

ミサイルとしては珍しく弾頭に爆薬を内蔵せず、衝突によって目標を破壊する徹甲弾が取り入れられていた。
弾頭の飛翔速度は秒速1,500mにも達し、その運動エネルギーは「M1戦車の前面装甲を真正面から貫通可能」とされていた。

なお、LOSATの研究成果を利用して、より小型の「CKEM*1」の開発が進められている。

スペックデータ

全長2.85m
直径16.2cm
発射重量77kg
速度1,500+m/sec
推進方式固体推進方式
エンジンハーキュリーズ 1段式固体燃料ロケットモーター
弾頭運動エネルギー弾頭
誘導方式レーザー半自動指令照準線一致誘導?



*1 Compact Kinetic Energy Missile:小型運動エネルギーミサイル。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS