Last-modified: 2021-02-15 (月) 21:43:24 (249d)

【L-100】(えるひゃく)

Lockheed Martin L(LM)-100.

ロッキードロッキード・マーチン)社の四発軍用ターボプロップ輸送機C-130の民間型。
貨物機型、旅客機型、消火剤を搭載した消防機など、民間でも多種多様の使われ方をしている。

改良版のLM-100Jは、量産民間機初のHUDを搭載した機体となった。

主なオペレーター(カッコ内は保有機数)

  • 民間
    • サフエアー(4機)
    • リンデン・エアカーゴ(7機)
    • トランスアフリック(5機)
    • リビア・アラブ・エアカーゴ(3機)
      その他数社が少数機を運用

  • 軍事
    • インドネシア空軍(6機就役(10機発注、8機受領済))
    • リビア空軍(5機)
    • アルジェリア空軍(3機)
    • エクアドル空軍(1機)
    • クウェート空軍(L-100-30 3機)
    • ペルー空軍(3機)
    • フィリピン空軍(4機)
    • サウジアラビア空軍(L-100-30 3機(王族用))

      その他、以下の国で少数機が運用されている。
    • ガボン空軍(L-100-20 1機、L-100-30 1機)
    • UAE空軍(L-100-30 1機)
    • アルゼンチン空軍(L-100-30 1機(後にTC-100))
    • 自由リビア空軍(L-100 1機(リビア内戦後))

スペックデータ

乗員2〜4名
機長副機長ナビゲーターフライトエンジニアロードマスター
全長34.37m
全高11.6m
翼幅40.4m
翼面積161.2
ペイロード23,150kg
空虚重量35,260kg
最大離陸重量70,300kg
エンジンアリソン 501-D22Aターボプロップ(出力4,510shp(3,360kW))×4基
速度(最大/巡航)308kt/292kt
航続距離2,470km
上昇率9.3m/s
実用上昇限度7,000m

派生型

  • L-100(モデル382):
    プロトタイプ。C-130E型ベース。

  • L-100(モデル382B):
    民間基本型。

  • L-100-20(モデル382G/382F):
    胴体延長型。胴体を2.54m延長した。
    少数製造のみにとどまったが、ペルー空軍が輸送機として運用している。

  • L-100-30(モデル382G):
    胴体をC-130H-30と同等までに延長した型。
    アラブ首長国連邦空軍(ドバイ及びアブダビ首長国含む)でも採用されている。

  • LM-100J:
    C-130J-30の民間型。2017年5月に初号機が初飛行した。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS