Last-modified: 2015-09-21 (月) 11:25:39 (641d)

【Kar98k】(からびなーきゅうじゅうはちかー)

Karabiner 1898 kurz*1
ドイツのボルトアクションライフルで、第二次世界大戦中、同国軍の主力小銃の座を担った。
製造には、マウザーを始め数社が関わっている。

1898年採用のGew98?を短縮したカービンモデルであるが、やがて元になったGew98に取って代わり主力小銃となった*2
基本的な性能は他国の小銃と大きくは変わらないはずだが、機関部は名高き信頼のマウザーアクション*3であり、作動の確実さは折り紙付。
現在でも、同じアクションの民間仕様が幅広い層に愛されている。

スペックデータ

口径7.92mm
全長1,100mm
銃身長600mm
重量3.9kg(単材銃床)/4.2kg(積層材銃床)
装弾数5発
使用弾薬7.92mm×57mm(8mmマウザー)
作動方式ボルトアクション
ライフリング4条・右回り
銃口初速760m/s
最大射程500m

バリエーション

  • Kar98a:
    Gew98の騎兵銃型。1900年代初頭に採用された。

  • Kar98b:
    ヴァイマル共和国時代の歩兵銃。1920年代に採用された。
    全長はGew98と同じだが、負革が側面に付けられた。

  • モーゼル・スタンダードモデル1924:
    Gew98の短銃身モデル。

  • Kar98k:
    ナチスドイツ軍の最も代表たる型。1935年に採用された。

  • G24(t):
    チェコ製モデル。

  • G33/40:
    G24の山岳部隊向けモデル。

  • モーゼル M1924:
    FN社がGew98を改良したモデル。

  • G40k:
    Kar98kをさらに短銃身化したモデル。試作のみ。

  • VK98:
    Kar98kの簡易戦時生産型。
    従来のKar98kと同じように5発の弾倉を持つものと、単発式のものが存在する。

  • モーゼルM98:
    民間型の狩猟ライフル。
    Gew98/Kar98kアクションを忠実に再現している。

  • JW25A:
    中国の中国北方工業公司が生産しているKar98kを模した狩猟用ライフル。


*1 1898年式短型騎兵銃の略。
*2 現代でいうところの、アメリカ軍M16M4に取って代わられている現状とそっくりである。
*3 アクション=機関部

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS