Last-modified: 2017-11-04 (土) 18:40:51 (41d)

【K-36】(けーさんじゅうろく)

旧ソ連のズベズダ設計局?が製作した、戦闘機ゼロ・ゼロ射出座席
主にSu-27及びMiG-29系列の戦闘機に搭載されている。
パイロットが着用する耐Gスーツやヘルメットもシステムの一部としているのが特徴で、それらを連動させることにより高い安全性を確保している。
また、射出時にはダメージを受けないよう頭や手足が最適な位置へと固定され、パラシュートの展開までも自動で行われる。

過去、エアショーでの事故において低空・かつ異常姿勢の状況からパイロットを数度生還させており、射出座席としての名声は名高い。

バリエーション

  • K-36D/DM:
    標準モデル。

  • K-36L:
    Su-25向けに軽量・簡略化したモデル。

  • K-36LM:
    Tu-160に搭載されたモデル。

  • K-36D-3.5:
    座高が81〜98cmのパイロットに対応した改良型。
    Su-30MiG-29K/KUBMiG-29Mに搭載される。

  • K-36L-3.5:
    K-36D-3.5の軽量型。
    Yak-130?練習機に搭載される。

  • K-36LT-3.5:
    SR-10?練習機に搭載されるモデル。

  • K-36D-5:
    高速機に設置されることを想定し、K-36D-3.5をさらに発展させたモデル。
    Su-35Su-57(PAK FA)に搭載。

  • K-36RB:
    ブラン向け派生型。

  • HTY-8:
    中国の独自改良型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS