Last-modified: 2016-07-15 (金) 08:42:55 (255d)

【JTPS-P16】(じぇいてぃーぴーえすぴーいちろく)

陸上自衛隊の野戦特科部隊などに配備されている対砲アクティブフェイズドアレイレーダー
76式対砲レーダー装置(JMPQ-P7)の後継として昭和60年より部内研究が開始され、平成6年に採用された。

レーダーを搭載する74式特大型トラックと、標定用コンピュータを搭載する73式大型トラックで一個のシステムを構成する。

敵味方が射撃した間接砲撃を検知・識別し、その発射機と着弾点の位置を記憶する。
観測結果やレーダー運用状況は電子的に記録され、ディスプレイに表示され、あるいはデータリンクされる。
妨害電波の分析・表示、周波数変更によるジャミング回避などのECCM能力も有する。

自己診断・故障表示機能を備え、故障部位を詳細に探すための整備支援機材も用意され、整備は容易とされる。
また、落雷による故障を防ぐため、構成機器には避雷対策が施されている。

スペックデータ

開発防衛省技術研究本部、東芝電波プロダクツ
製造東芝電波プロダクツ
操作人員数6名
バンド帯Sバンド(2〜4Ghz)
標定探知距離範囲最大約40km以上、最小約10km以下
評定精度評定距離10km:距離精度 50m以下、方位精度3ミル以下
評定距離30km:距離精度100m以下、方位精度3ミル以下
評定距離40km:距離精度100m程度、方位精度3ミル以下
同時目標標定数18個目標以上
評定速度10秒以内(初弾のエコーを収集してから評定諸元の送信準備が整うまで)
平均故障間隔120時間以上



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS