Last-modified: 2017-03-20 (月) 20:59:26 (94d)

【J79】(じぇいななきゅう)

GE J79

アメリカのジェネラルエレクトリック社で開発されたアフターバーナー付きターボジェットエンジン。
マッハ2級の高速運転を目標としながら、基本構造は単純だが癖のある単軸式タービンを採用し、それまでにない優れた推力重量比を実現した。
単軸式の弱点を補うべく、コンプレッサーのステーターを可動式にするなどの工夫が凝らされている。

F-104F-4B-58?A-5などに搭載されている。
また、アフターバーナーのない民間向けの「CJ-805-3」がコンベア880に搭載されているほか、コンベア990?ではターボファン版である「CJ-805-23」が搭載されている。

かつてタービンエンジンの先進国であったイギリスを凌駕した、初のエンジンといわれている。
そのためかイギリス軍がF-4K/Mを採用する際にはJ79を使用せず、自国のRR・スペイを搭載する大改造を施した。

仕様緒元

形式アフターバーナー付きターボジェット
全長5.3m
直径1.0m
乾燥重量1,750kg
圧縮機17段可動静翼付き軸流式圧縮機
タービン入口温度655℃
推力52.9kN/79.3kN(アフターバーナー使用時)
定格燃料流量200 kg/(h·kN)(アフターバーナー使用時)
87kg/(h·kN)(ミリタリー推力時)
全圧縮比13.5:1
推力重量比4.6:1(45.4 N/kg)


バリエーション

軍用型

民間型

  • CJ-805-3:
    民間向け。
    コンベア880に搭載された。

  • CJ-805-23:
    アフトファン形式のターボファンモデル。
    コンベア990?に搭載された。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS