Last-modified: 2018-11-07 (水) 17:56:08 (38d)

【IRST】(あいあーるえすてぃ)

Infra-Red Search and Track(赤外線捜索追尾装置).

赤外線を輻射している熱源を探知する装置。
得られる情報は相対角のみで、レーザーなどを利用した測距器具と併用される事が多い。

主な用途は軍事
航空機撃墜するために、ミサイルジェットエンジンの熱源へ誘導するのが主な用途。
IRST自体は信号を発しないため、敵側に悟られずに空対空ミサイルへのキューイングが可能となる。

本装置が初めて搭載されたのは、1950年代にアメリカで開発された戦闘機F-101ブードゥーであった。
しかし、当時のIRSTは単純に熱源の有無を感知するだけのもので、能力は著しく劣っていた。

その後、旧ソ連のMiG-29Su-27に改良を加えられたものが採用され、現在では各国の多くの戦闘機に見ることができる。

また、近年ではFLIRレーザー目標指示器の機能を搭載した物もある。

関連:赤外線誘導 シーカー

主な搭載機

  • アメリカ
    • F-8E(不明)
    • F-101(不明)
    • F-102?(不明)
    • F-106?(不明)
    • F-4B/NAN/AAA-4)※後にTVセンサーに換装、破棄。
    • F-14(AN/ALR-23)※A型の初期型に搭載。
    • F-14D(AN/AAS-42)※D型より標準搭載。
    • F-15K (AN/AAS-43)
    • F-16E/F(AN/AAQ-28)※FLIRのモードの一つとしてIRSTと同等の能力を持つ。
    • F-22(AIRST)
      ※F-22向けに開発されていたが、予算問題からスペースを残して計画から削除された。
    • F-35(AN/AAQ-40 ETOS、AN/AAQ-37 DAS)

  • 日本
  • ロシア
  • ヨーロッパ

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS