Last-modified: 2016-01-11 (月) 12:52:24 (621d)

【IED】(あいいーでぃ)

Improvised Explosive Device (即席爆発装置)

迫撃砲弾や手榴弾地雷などに適当な起爆装置を取り付けて作った即席の爆弾
路肩に設置して車両を攻撃する事が多いので「路肩爆弾」とも呼ばれている。
法治国家では火薬を民生用化学薬品から調合したり、余興用の花火などから抽出する事もある。

いわゆるブービートラップの一種で、瓦礫、死体、遺棄された車両などで偽装し、不用意に近づいた者を殺傷する。
起爆方法は千差万別で、簡易なものではワイヤーによる接触信管、複雑なものでは家電製品を改造したリモコンまで様々。
爆発の破壊力もやはり千差万別で、人間の手首を吹き飛ばす程度のものから、主力戦車も爆散する大規模なものまである。
釘などの金属片を散布する粗製の榴弾や、自己鍛造弾の技術を用いたものまである。

あまりにも多彩なため、回避するための抜本的な対策は存在しない。
ヒューミントや探知機、動物などで事前に発見する事が最善の対策だが、それは常に可能ではない。
多彩さのため解体作業の安全を確保できないため、遠隔操縦ロボットによる調査・解体・撤去も行われている。
遠隔操作式に対しては妨害電波を発信して起爆装置を無効化する試みもある*1
しかし実戦では「疑わしきは機関銃で薙ぎ払って誘爆させる」という極端な対策しか取れない状況も少なくない。

発想自体は黒色火薬の黎明まで遡るが、有名になったのは二十世紀末期以降、アフガニスタンやイラクでゲリラが活用し始めてからである。
IEDによる奇襲機甲部隊にも容易に流血を強いる事が可能で、市街戦の常套戦術と化しつつある。

爆発に耐える強固な歩兵戦闘車、迅速に長距離から爆薬を探知する化学センサーなどの新技術の登場が待たれる所である。
とはいえ、そうした新技術の有効性には疑問の余地も多く、IED戦術が完全に無効化される可能性は今のところ見出されていない。

関連:MRAP


*1 無線を利用しない起爆装置には無意味なため被害抑止には繋がらなかった。また、地域住民の携帯電話などを使用不能にして不満を募らせるなどのデメリットもある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS