Last-modified: 2013-12-20 (金) 20:53:53 (1225d)

【Geraet 104】(げれーとひゃくよん)

Geraet(ゲレート) 104 "Munchausen(ミュンヒハウゼン)".
第二次世界大戦中のドイツが開発した超巨大航空機搭載無反動砲
対艦兵器として開発され、航空機に搭載された砲としては史上最大である。

ドルニエDo217?に搭載し1940年に最初の試射が行われた。
しかし、対艦兵器の開発の主眼がヘンシェルHs293?やルールシュタールFX1400(フリッツX)のような誘導兵器に移ったため、実戦投入は行われなかった。

スペックデータ

口径335mm
砲身長?11.25m
弾丸遅延信管つき徹甲榴弾
弾丸重量900kg
初速280m/s
装弾数1発



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS