Last-modified: 2017-07-10 (月) 14:12:31 (135d)

【GSh-23】(じーえすえいちにじゅうさん)

ロシア名 ГШ-23.

NR-23・23mm機関砲の後継として1965年に登場した、口径23mmの複砲身航空機関砲。
駆動方式にガスト式を採用しているほか、航空機関砲としては珍しい機能としてフレアチャフの発射機能を備えている。
派生型として、マズルブレーキを装備したGSh-23Lやガンポッドも開発された。

スペックデータ

開発/製造者KBP設計局
全長1,387mm(GSh-23)
1,537mm(GSh-23L)
銃身長1,000mm
重量49.2kg(GSh-23)
50kg(GSh-23L)
口径23mm
初速715m/s
発射速度3,400〜3,600発/分
作動方式ガスト式
弾丸23×115mm AM-23


主な搭載機種

派生型

  • GSh-23:
    初期型

  • GSh-23L:
    マズルブレーキ装備型。

  • GP-9:
    200発の弾薬を搭載するガンポッドコンテナ。

  • UPK-23:
    空対空用ガンポッド。
    GSh-23を1〜2基固定搭載し、200〜400発の弾薬を搭載する。

  • SPPU-22:
    空対空および地上掃討用ガンポッド。
    地上への機銃掃射のため0°〜30°の俯角を取れる。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS