Last-modified: 2018-11-10 (土) 13:18:13 (6d)

【GAU-8】(じーえーゆーはち)

GE GAU-8 "Avenger(アヴェンジャー)*1"

アメリカ・ジェネラルエレクトリック社の設計による機関砲
1970年代、次期攻撃機開発計画「A-X(後のA-10「サンダーボルトII」)」の搭載兵装として開発された。

弾薬は30mm口径装弾筒付徹甲弾焼夷榴弾を使用する。
電動・油圧で駆動する7砲身ガトリングガンで、発射速度は毎分4,000発。
近接航空支援での対車両攻撃を想定された設計で、現存する全ての軍用車両を撃破可能。

主力戦車の正面装甲は貫通できないが、トップアタックであれば上面を貫ける。

サイズ・重量ともに航空機載機関砲としては最大級。
このため、航空機での採用例は当初からGAU-8の搭載を念頭に置いて設計されたA-10「サンダーボルトII」が唯一。
ほとんどの攻撃機ハードポイント許容限界を超える規格外の荷重のため、通常の機体には搭載できない。
A-10以外では航空母艦フリゲートにおいて、「ゴールキーパー?CIWSの構成部品として採用されている。

関連:GAU-12 GAU-13?

スペックデータ

口径30mm
砲身数7砲身
全長6.40m
銃身長2.299m
重量
(銃本体/システム重量)
281kg/1,830kg
作動方式電気モーター・油圧回転方式×2基
装弾数1,350発
使用弾薬30×173mm
PGU-14/B 対装甲用焼夷徹甲弾(重量425g)
PGU-13/B 焼夷榴弾(重量360g)
PGU-15/B 練習用模擬弾

装甲貫徹力:
69mm(500m)
38mm(1,000m)
発射速度3,900発/分
銃口初速1,067m/s
有効射程1,220m



*1 復讐者の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS