Last-modified: 2014-01-17 (金) 21:45:04 (1252d)

【G36】(じーさーてぃしっくす)

H&K G36
H&KがHK36試作ライフルをベースに開発した、ドイツ連邦軍の現用突撃銃。社内呼称はHK50。

1970年代、ドイツ連邦軍はG3の後継に関する要求を出し、H&K社は独創的な機構を組み込んだG11の開発に着手する。
しかし、様々な問題が露呈したことで開発が難航し、冷戦終結後のドイツ再統一に伴い計画自体がキャンセルされた。
更に小銃弾のNATO規格が7.62mm NATO弾?から5.56mm NATO弾?に移行していたため、それに合わせた新型アサルトライフルの開発が急務となった。
このため、H&K社はG11の失敗を踏まえ、冒険的な技術は極力抑えてオーソドックスな技術を用いて、G3をベースとした試作ライフルHK36をベースにHK50を設計し、これを連邦軍が1996年に「G36」の名前で制式採用された。

軽量化の為に樹脂製パーツを多く用いているのが特徴。
外装部分のプラスチック部品はもはや珍しくないが、本銃では機関部内の部品にまで樹脂が使用されている。
それまでのH&K社製の銃とは一線を画し、機関構造を同社が固執していたローラーロッキングによるディレイドブローバックから、現在の主流であるシンプルなターンボルトロッキングとショートストロークピストン式ガス圧作動方式に変更。
人間工学に基づく使用感の良さも追及され、故障率も「ジャム?を死語にした」と云われるほど非常に低い。
また同社は土に埋めたG36を掘り出し、軽く土を払った程度で射撃を行うといったデモンストレーションを行うなど、過酷な条件下での作動の確実性をアピールしている。
また10分以内であれば水中につけても射撃に支障は無いと謳っている。
性能相応に値段も張るものの、ドイツ以外にもヨーロッパの軍隊や法執行機関、アメリカのSWATなどで採用が進んでいる。

スペックデータ

種別アサルトライフル
口径5.56mm
全長
(ストック展開時/収納時)
999mm/758mm(G36/36V、MG36/36E)
860mm/615mm(G36K/KV)
720mm/500mm(G36C)
銃身長480mm(G36/36V、MG36/36E)
318mm(G36K/KV)
228mm(G36C)
重量3,630g(MG36)
3,330g(G39V)
3,300g(G36K)
3,000g(G36KV)
2,820g(G36C)
3,830g(MG36)
3,500g(MG36E)
装弾数30発(箱型弾倉)
使用弾薬5.56mmNATO
作動方式ガス圧利用ロータリング・ボルト
発射速度750発/分
銃口初速920m/秒(G36/36V、MG36/36E)
850mm/秒(G36K/KV)

バリエーション

  • G36:
    基本モデル。

  • G36A2/KA2:
    ドイツ連邦軍で採用が進んでいる改良型。
    ダットサイトがピカティニー・レールに置き換えられ、そこにカール・ツァイス社製ダットサイトを搭載している。
    また、ストックはボディアーマー着用時の取り回しを改善するためG36C用の短いものに変更されている。
    ハンドガードは耐熱性向上のため、4面にピカティニー・レールのついたアルミ製のものに置き換えられ、LLM01レーザー光モジュールを操作するためのスイッチを埋め込んだフォアグリップ?も配備されている。

  • G36V/KV:
    エクスポート(輸出)モデル。以前はG36E/KEと呼ばれていた。
    倍率1.5倍〜3倍の内蔵スコープを装備。
    採用国によってはレール付キャリングハンドルや伸縮式ストックを装着したものを配備している。

  • G36K:
    銃身を短くしたカービンタイプ。

  • G36C:
    短機関銃サイズの小型モデル。
    ロサンゼルスのSWATがこのモデルを正式採用している。

  • MG36:
    分隊支援火器モデル。
    C-MAG(100発ドラム型弾倉)や放熱を考慮したハンドガードなどを装備。

  • MG36E:
    輸出モデル。
    輸出版のキャリングハンドル&内蔵1.5倍スコープを装備。

  • SL-8:
    アメリカの民間市場向け輸出モデル。
    サムホール式固定ストックに改められ、ハンドガードに放熱用の穴が無いのが特徴。
    グラスファイバーとポリマーの複合材のカラーはライトセージになっている。

  • SL-8-6:
    ブラックカラーモデル。
    こちらはG36と同じ片側6つの放熱穴がある。

  • R8:
    HKオーストラリアが設計したSL-8の改良型。
    外見は変わらないが、サイトがG36CタイプからG36タイプになっている。

  • SL-9SD:
    SL-8をベースに、消音狙撃銃として再設計されたモデル。
    サプレッサーを標準装備し、専用の7.62mmx37弾を使用する。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS