Last-modified: 2009-06-19 (金) 18:10:35 (3104d)

【FIDO】(ふぁいど)

Fog Intense Dispersal Operation.濃霧消散法。
地上において燃料を燃やし、上昇気流によってある高度までの霧を一時的に晴らす手法。
第二次世界大戦時イギリスで発明され、主に飛行場で用いられ大戦中に2,486機がFIDO実施中に離着陸を行った。
特に損傷を受け、燃料も枯渇した状態での生存率向上に効果を発揮した。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS