Last-modified: 2019-04-06 (土) 01:01:35 (194d)

【FAL】(ふぁる)

FN FAL(仏:Fusil Automatique Leger:軽自動小銃) / FL LAR(英:Light Automatic Rifle。輸出モデル用の英訳)

ベルギーのFN社が1948年に開発した自動小銃
西側諸国の第1世代突撃銃の中でもごく初期の製品で、現在の分類ではバトルライフルに相当する。

AK-47よりやや遅れるが、共産圏を除けば最古の突撃銃のひとつ。
機関部は少々コスト高ながら削り出し加工で製造され、工具なしで主要部品を分解できるなど、耐久性・整備性も良好。
動作の確実性を優先して部品に精密さを求めており、砂塵に弱い。ただし部品自体の強度は高く、砂漠以外の環境では酷使してもおおむねよく耐える。
セミオート射撃の命中精度に優れるが、フルオート射撃における制御性は決して芳しくない。

開発途中で北大西洋条約機構の結成に伴う兵站整理が行われ、想定外の弾丸を使うよう設計変更が行われた。
結果、威力が大きくなりすぎ、単発射撃に偏った性能に仕上がっている。

当時の傑作であり、1980年代までNATO諸国など多くの国で正式採用されていた。
しかしベトナム戦争戦訓から突撃銃の小口径化が推進されると共に、需要を失っていった。
近年では有効射程の関係からバトルライフルの需要が生じ、再び必要とされ始めている。

スペックデータ

口径7.62mm
全長1,090mm(STD)
736〜990mm(Para)
銃身長533mm(STD)
431mm(Para)
重量4,325g(STD)
3,770g(Para)
4.3kg(FAL 50.00)
3.90kg(FAL 50.61)
3.79kg(FAL 50.63)
5.95kg(FAL 50.41)
施条方式6条右転
作動・閉鎖方式ショートストロークピストン式ガス圧作動・ティルトボルト式
使用弾薬7.62mm×51 NATO弾
装弾数20発若しくは30発(箱型弾倉)、50発ドラムマガジン
発射速度650〜700発/分
銃口初速823m/秒
有効射程400〜600m(サイト調節により異なる)


バリエーション

  • 軍用バージョン
    • FALO:
      肉厚銃身と二脚を追加し、30連発マガジンを装備した分隊支援火器仕様。
      LAR-HB(ヘビーバレル)とも呼ばれる。
      プラスチック製銃床を装備したFAL 50.41型と木製銃床を装備したFAL 50.42型が存在する。

    • FAL 50.61:
      FAL Para(パラトルーパー)と呼ばれる、空挺部隊向け金属製折畳み式銃床装備型。
      原型モデルで銃床に内蔵されていたリコイルスプリングを、レシーバーカバー内へと移している。

      • FAL 50.63:
        ベルギー軍空挺部隊の発注によって設計されたカービンタイプ。
        上記のFAL 50.61を基に、銃身長を458mm、もしくは436mmに短縮した。

      • FAL 50.64:
        FAL 50.61を基に、ロアレシーバーをアルミニウム合金製に変更した改良型。

    • C1:
      カナダに採用されたモデル。
      L1A1同様インチ設計でフルオート機能を持たない。

      • C1D:
        フルオート機能を搭載した海軍仕様。

      • C1A1:
        キャリングハンドルをプラスチック製にした改良型。

      • C1A1D:
        C1A1の海軍仕様。

      • C2A1:
        C1の軽機関銃仕様。

    • L1A1:
      イギリスによる再設計されたモデル。L1A1は採用名で、正式名称はSLR(Self Loading Rifle)。
      フルオートを廃止し、ボルトキャリアに異物排出用スリットを設置。
      銃口を66mmライフル・グレネードの発射に対応した仕様に変更。
      英語圏のヤード・ポンド法で再設計されたため、メートル法を用いるモデルとは部品互換性が無い。

      • 1A:
        インドのイシャポール造兵廠が権利元に無断で複製したデッドコピー。設計仕様はSLRに準拠。

    • G1:
      ドイツ連邦軍に採用されたモデル。
      西ドイツでのライセンス生産許可が下りなかったため、早期に廃止された。
      (当時はベルギー・フランスともに戦災被害も記憶に新しく、国民感情がドイツとの協調を許す状態になかった)

    • Vector R1:
      南アフリカのレイテオン・エンジニアリング・ワークス(現デネル社)がFAL 50.00をライセンス生産したもの。

      • Vector R2:
        FAL 50.64のライセンス生産型。

      • Vector R3:
        警察向けセミオート限定モデル。

    • Sturmgewehr 58(StG 58):
      1958年にオーストリアでは採用された、銃口にライフルグレネード射出用スリットが多数施されたモデル。
      前期型はFN社で生産され、後期型はステアー社で生産された。

    • T48E1:
      アメリカ軍の制式アサルトライフル選定のために、米国内で2,000挺限定生産したFALに与えられた形式番号。
      M14との比較試験を実施したが、最終的に不採用となっている。

    • M964:
      ブラジルの国営軍需企業であるインベル社によるコピーモデル。
      バリエーションとして空挺部隊向けの折り畳みストック式のA1がある。
      現在はインベルIA2に置き換えられつつある。

    • インベル MD:
      ブラジルの国営軍需企業であるインベル社が開発したアサルトライフル。
      過去にFALを製造していた経験を元に1982年から開発を開始し、FALの代替として制式化。
      ブラジル軍に配備された。
      5.56×45mm(.223NATO)とNATO標準のSTANAGマガジンを使用し、そのために全長がFALより90mmほど短くなっている。

    • インベルIA2:
      インベルMDの近代化モデル。
      細部のデザインが変更され、新たに標準でピカティニー・レールを備える。

    • FM FAL:
      アルゼンチンの国営造兵廠であるFM社がライセンス生産したもの。
      フォークランド紛争にも使用され、敵対するアルゼンチンとイギリスの双方がFALを使用し、戦闘を行っている。

  • 民間モデル
    • LARコマーシャルモデル:
      米国輸出向けに、FAL(LAR)やFALO(LAR-HB)のフルオート機構を除去したモデル。

    • SAR48:
      インベル社がスプリングフィールドアーモリー社を介して米国市場に投入したセミオートモデル。
      ハンドガードの形状がイスラエルIMI社製と酷似し、グリップが木製、通気口部分が金属製となっている。

    • SA58:
      米国DSA社が生産するカスタムモデル。
      G1、Stg58、T48を模したモデル、短銃身(カービン)モデル、狙撃銃モデルなどがある。

    • FAL ブルパップ:
      FALのブルパップモデル。試作のみ。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS