Last-modified: 2022-10-27 (木) 19:48:52 (39d)

【F6F】(えふしっくすえふ)

Grumman F6F Hellcat.

グラマン社が開発し、第二次世界大戦の中盤以降で使用された艦上戦闘機
愛称は「ヘルキャット*1」。

海軍航空隊の主力戦闘機であったF4F「ワイルドキャット」の後継機として1938年から開発が開始され、1942年に原型機が初飛行。
翌年、日本海軍と対峙する太平洋戦線から実戦配備された。

機体は低翼配置の主翼や油圧式の引き込み脚を持ち、生存率を高めるため操縦席周りには装甲板と防弾ガラスの取り付けられた風防を有していた。
また、機体重量や燃料搭載量もF4Fの約2倍となっており、さらに胴体下にも増槽を装備することができた。

性能面では、大重量の機体を牽引可能な2,000馬力超えエンジンによって発揮される加速力及び上昇性能、大面積の主翼による優れた維持旋回能力と低い失速速度、またどんなパイロットも信頼できる速度域を問わない良好な操縦応答性と構造の頑丈さを持つ。

戦歴では1943年9月に初の実戦に参加、以降はF4Uと共に機動部隊の主力戦闘機として活躍*2米陸軍航空隊P-38P-47P-51と共に、零戦を擁する日本海軍から太平洋の航空優勢を奪取した*3
また、対潜攻撃ではTBF/TBM「アベンジャー」雷撃機と組んで、ハンターキラーのハンター役を担当し、レーダーを搭載したタイプは夜間戦闘機(機体名の最後にNがつく)としても活躍した。

また、レンド・リースによってF6Fを手に入れたイギリス海軍は本機を制式名称「Hellcat」として運用し、ノルウェーや地中海における対独伊戦、太平洋における対日戦に参加した。

1942年から1945年の生産期間の間、本機は12,275機が生産された。

第二次世界大戦終盤の1944年以降はより高速で搭載量が大きいF4U後期型の配備が優先されたことで第一線から引き上げられ、戦後には標的機や曲芸機としての運用がされた。
その後、フランスをはじめとする西側諸国に売却、各国で運用され、最終的には1960年にウルグアイ海軍における運用終了を伴って完全に退役した。

IMG_8844.jpg


スペックデータ

タイプF6F-3F6F-3N
乗員1名
全長10.24m
全高4.39m
全幅13.06m/4.93m(主翼折り畳み時)
主翼面積31.03
空虚重量4,176kg4,232kg
戦闘重量5,704kg5,904kg
燃料容量機体内:946リットル(250gal)
落下増槽タンク:568リットル(150gal)×3基
計:2,650リットル(700gal)
エンジンP&W R-2800-10/10W「ダブルワスプ」空冷星形複列18気筒×1基
出力2,000hp(1,491kW)(離昇)
2,250hp(1,678kW)(水エタノール噴射装置使用時、-10Wのみ)
プロペラハミルトンスタンダード No.6501A-0 3枚翅
(プロペラ直径:3.99m、プロペラ面積:12.49屐
最高速度615km/h(高度6,827m)
630km/h(高度7,620m、水メタノール噴射装置使用時)
581km/h(高度7,132m)
降下制限速度769km/h
翼面荷重183.82kg/190.27kg/
馬力荷重
(通常出力)
261W/kg253W/kg
航続距離*4*52,157km1,988km
実用上昇限度11,826m11,613m
海面上昇率16.51m/s15.70m/s
上昇能力高度6,096mまで7分
(14.5m/s)
高度6,096mまで7分24秒
(13.7m/s)
固定武装ブローニングAN/M2 12.7mm機関銃×6門(弾数計2,400発)
追加武装以下の組み合わせで最大搭載量1,814kgまでの兵装を搭載可能。
胴体下搭載:
2,000/1,600/1,000/500ポンド爆弾×1発
Mk.13航空魚雷×1発
「タイニー・ティム」大型空対地ロケット弾×1発

翼下搭載:
1,000/500/250ポンド爆弾×2発
100ポンド爆弾×6発
HVAR*6/FEAR*7 5インチロケット弾×6発
「タイニー・ティム」大型空対地ロケット弾×2発


タイプF6F-5F6F-5N
乗員1名
全長10.24m
全高4.39m
全幅13.06m/4.93m(主翼折り畳み時)
主翼面積31.03
空虚重量4,190kg4,191kg
戦闘重量5,779kg5,797kg
燃料容量機体内:946リットル(250gal)
落下増槽タンク:568リットル(150gal)×3基
計:2,650リットル(700gal)
エンジンP&W R-2800-10W「ダブルワスプ」空冷星形複列18気筒×1基
出力2,000hp(1,491kW)(離昇)
2,250hp(1,592kW)(水メタノール噴射装置使用時)
プロペラハミルトンスタンダード No.6501A-0 3枚翅
(プロペラ直径:3.99m、プロペラ面積:12.49屐
最高速度658km/h(高度6,583m)629km/h(高度5,730m)
降下制限速度796km/h(初期型)
815km/h(機体番号71098以降)
翼面荷重186kg/187kg/
馬力荷重
(通常出力)
258W/kg257W/kg
航続距離*81,759km2,631km
実用上昇限度10,272m11,278m
海面上昇率15.14m/s13.61m/s
上昇力高度6,096mまで7分42秒
(13.2m/s)
高度6,096mまで8分30秒
(12m/s)
固定武装ブローニングAN/M2 12.7mm機関銃×6門(弾数計2,400発)
または
イスパノ・スイザAN/M3? 20mm機関砲×2門(弾数計400発)
+
AN/M2 12.7mm機関銃×4門(弾数計1,600発)
追加武装以下の組み合わせで最大搭載量1,814kgまでの兵装を搭載可能。
胴体下搭載:
2,000/1,600/1,000/500ポンド爆弾×1発
Mk.13航空魚雷×1発
「タイニー・ティム」大型空対地ロケット弾×1発

翼下搭載:
1,000/500/250ポンド爆弾×2発
100ポンド爆弾×6発
HVAR/FEAR 5インチロケット弾×6発
「タイニー・ティム」大型空対地ロケット弾×2発

派生型

  • 試作機
    • XF6F-1:
      原型機。社内名称はG-35。
      エンジンライト R-2600-10「サイクロン14」(1,600hp(1,193kW))を搭載。

    • XF6F-2:
      改良型原型機。社内名称はG-50。
      エンジンターボチャージャー付きのR-2600-16(後にP&W R-2800-21に換装)を搭載。
      完成前にXF6F-3へと改装。

    • XF6F-3:
      原型2号機。XF6F-1およびXF6F-2からの改装。
      エンジンは2段スーパーチャージャー付きのP&W R-2800-10「ダブルワスプ」(2,000hp(1,491kW))を搭載。

    • XF6F-3N:
      F6F-3Nの原型機。

    • XF6F-4:
      原型機。F6F-3より1機改装。
      エンジンは2段2速スーパーチャージャー付きのR-2800-27(2,100hp(1,566kW))を搭載。

    • XF6F-6:
      強化型原型。F6F-5から2機改装。
      エンジンは水噴射装置付のR-2800-18W(2,100hp(1,566kW))を搭載し、4枚翅プロペラに換装した。
      2機が試作、シリーズ最速の671km/hを発揮したが終戦直前のため量産されず。

  • 量産機
    • F6F-3:
      XF6F-3に準ずる初期生産型。後期生産型はR-2800-10Wを搭載。

    • F6F-5:
      改良量産型。F6Fシリーズでは最多生産機。
      カウリングエルロン風防、尾部を若干設計変更し、防弾装備が強化された。
      エンジンは水噴射装置付のR-2800-10W(2,200hp)を搭載。

      • Hellcat F.Mk.供
        イギリスに供与されたF6F-5相当機の英軍制式名称。

      • F6F-5K:
        標的曳航機型。
        武装を撤去し吹き流しを巻き取るウインチなどを追加、機体色はオレンジに塗装されている。
        標的機など無人航空機の試験機としても利用されたほか、朝鮮戦争時にはA-1から遠隔操作する飛行爆弾としても使用された。

      • F6F-5N:
        夜間戦闘機型。右主翼下にAN/APS-6レーダーを搭載。
        一部は機関銃を換装し、AN/M2 20mm機銃×2門、12.7mm機銃×4門を装備。

      • Hellcat NF Mk.供
        イギリスに供与されたF6F-5N相当機の英軍制式名称。
        実戦には参加しなかった。

      • F6F-5P:
        写真偵察機型。胴体中央部左側面にK-18偵察カメラを搭載。

      • Hellcat FR Mk.供
        イギリスに供与されたF6F-5P相当機の英軍制式名称。

      • F6F-5D:
        標的曳航機/無人標的機型。
        武装を撤去し吹き流しを巻き取るウインチなどを追加、機体色はオレンジに塗装されている。
        無人型の尾翼は無線周波数ごとに色分けされている。

      • F6F-5DK:
        無人標的機型を飛行爆弾に改修した型。

    • FV-1:
      カナダのカナディアン・ヴィッカース社で製造された機体向けに用意された名称。製造されず。


*1 直訳で「地獄の猫」という意味であるが、スラングで「性悪女」「意地の悪い女」という意味も持つ。
*2 もともとの調達計画ではF4Uの方が本命であり、本機はF4Uが失敗したときに備える「保険」のような立場であった。
*3 一方、日本海軍が本機と同等の性能をもつ艦上戦闘機烈風を開発したのは終戦直前のことであり、工業生産力の低下により8機のみ完成したが、実戦には参加しなかった。
*4 航続距離はF6F-3/3N/5では燃料消費量+5%、F6F-5Nでは燃料消費量+15%の補正後に算出。
*5 いずれも150galタンク×1基搭載時。
*6 High Velocity Aircraft Rocket(高速航空ロケット)の略。
*7 Forward Firing Aircraft Rocket(前方発射航空ロケット弾)の略。
*8 いずれも150galタンク×1基搭載時。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS