Last-modified: 2016-03-01 (火) 18:50:21 (570d)

【F3】(えふさん)

防衛省技術研究本部(現:防衛装備庁)と株式会社IHIが中心となって開発されたターボファンエンジン。
T-4中等練習機に搭載されている。

仕様緒元

XF3-1
ファン軸流1段
圧縮機軸流5段
燃焼器アニュラー式
タービン入口温度940℃
バイパス比1.9
タービン軸流1段高圧タービン
軸流1段低圧タービン
重量400kg
最大推力1,200kg


XF3-20
ファン軸流2段
圧縮機軸流5段
燃焼器アニュラー式
タービン入口温度1,050℃
バイパス比0.9
タービン軸流1段空冷化高圧タービン
軸流2段低圧タービン
重量340kg
最大推力1,600kg


F3-IHI-30/30B
全長2,020mm
全幅560mm
重量340kg
ファン軸流2段
圧縮機軸流5段
燃焼器アニュラー式
タービン軸流1段空冷高圧タービン
軸流2段低圧タービン
タービン入口温度1050℃
バイパス比0.9
全圧力比11
燃料JP-4
推力16.37kN(1,670kg)


搭載機体

バリエーション

  • XF3-1:
    基礎的技術資料を得ることを目的とした試作型。

  • XF3-20:
    XF3-1の成果をもとに、より小型軽量・高出力化を目指した型。

  • F3-30:
    XT-4に搭載するエンジンとして製作された型。
    後にF3-IHI-30として量産化された。
    • F3-IHI-30B:
      最新の材料技術を導入し信頼性を向上させた型。

  • F3-400:
    F3-30をベースに試作された、日本初の純国産アフターバーナー付きターボファンエンジン
    このエンジンの技術的基盤がATD-Xに搭載する実証エンジンXF5-1?の開発に繋がった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS