Last-modified: 2017-05-27 (土) 09:04:29 (83d)

【F-111】(えふいちいちいち)

General Dynamics F-111 "Aardvark(アードバーク)*1."

アメリカのゼネラル・ダイナミクス社が1960年代に開発した大型戦闘爆撃機

1960年代、ケネディ政権で国防長官を務めていたロバート・S・マクナマラは、それまで空軍海軍で個々に実施されていた新型機の開発計画を統合して行うことによりコストダウンを見込めると考えた。
このアイディアはペンタゴンも認めるところとなり、「戦術戦闘機試作機(TFX)プロジェクト」として軍に提示された。
現場には反対意見もあったものの結局押し切られる形になり、1961年に機体の設計が開始され、1964年12月に試作機が初飛行した。

しかし、可変後退翼や独特の脱出カプセルによるモジュール式緊急脱出システムを採用した為に、要求より10トン以上も重量が超過してしまい、加えて運動性能も悪かったため、海軍は艦上戦闘機として計画していたB型の採用を見送り、F-14の開発を開始した。
1968年、空軍にA型が採用されたが、それは長距離戦闘爆撃機としてであり、次期戦闘機としての期待はF-15に集まった。

戦闘機としては欠陥があったものの、長距離侵攻作戦に充当できる高速爆撃機としては非常に優秀で、全天候能力をもつ上、ストライクパッケージを組むことなく単独で長距離侵攻攻撃が可能で、レーザー誘導爆弾など精密兵器での攻撃や対艦攻撃を主に受け持った。
またウェポンベイを持ち、通常はM61A1AN/AVQ-28?「ペイブ・タック」目標指示ポッドを搭載しているが、このウェポンベイにB61戦術核爆弾を搭載しての核攻撃も想定されていた*2

1986年の「エルドラド・キャニオン」作戦(リビアへの空爆)において、空爆に参加した本機は実に3機に2機の割合で搭載機器のトラブルを発生して作戦不能になり、長距離飛行時における機器の脆弱さを暴露してしまったが、この経験を生かして改修された爆撃機としての能力は、1991年の湾岸戦争において如何なく発揮された。
当時、F-15Eと並び夜間に精密爆撃が可能な数少ない戦闘機として、最も多くの誘導爆弾を投下し、最も多くの目標を撃破し、最も高いミッション成功率を記録するという戦果を記録し、ある空軍将官をして「F-111が有ればF-16F/A-18は不要」とまで言わしめた。
さらには非武装の電子戦機型であるEF-111Aがマニューバーキルでイラク軍のミラージュF1を撃墜している*3

湾岸戦争でのこうした活躍により、F-111の評価は爆発的に増大したものの、F-16の3倍という高いコストが嫌気されたため、当初の運用者であるアメリカ空軍ではF-15Eの配備に伴い退役してしまい、オーストラリア空軍向けに輸出されたC型もF/A-18の導入で2010年に退役している。
オーストラリア空軍のF-111Cは、2000年のシドニー夏季オリンピック閉会式で、夜空にトーチングの炎を披露した。

派生型として核攻撃用戦略爆撃機のFB-111A 、電子戦機のEF-111A「レイヴン」などが存在する。
航続距離の長さやペイロードの大きさから戦術偵察任務にも適していると考えられたが、オーストラリア軍が「RF-111C」として少数採用するにとどまった。

なお、この機体には公式なニックネームが退役直前まで与えられていなかった。
"Aardvark"以外にも"Switchblade Edsel"、"Switchblade"、"One Eleven*4"という呼び名が存在していたが、退役直前に"Aardvark"が公式名称となった*5

スペックデータ

乗員2名(操縦士1名、WSO1名)
全長22.40m
全高5.22m
全幅19.20m(後退角16度)/9.74m(後退角72.5度)
主翼面積48.77屐文綢牾16度)/61.07屐文綢牾72.5度)
空虚重量21,410kg
最大離陸重量45,360kg
発動機P&W TF-30-P-100?ターボファン×2基
エンジン推力64.5kN/111.57kN(A/B使用時)
速度
(最大/巡航)
マッハ2.5(A/B使用時)/496kt
離着陸距離共に約910m
航続距離約4,700km(最大搭載量、内部燃料のみ)
実用上昇限度18,288m
固定武装必要に応じてM61A1 20mmバルカン砲×1門(弾数2,084発)
兵装翼下および胴体下ハードポイントに下記兵装を11,340kgまで搭載可能。
AIM-9「サイドワインダー」×2発
AGM-84ハープーンSSM×4発
B61戦術核爆弾×4発
227kg通常爆弾
GBU-15レーザー誘導爆弾など


派生型

  • F-111A(前生産機含め158機/42機改修(EF-111A)):
    初期バージョン。後にEF-111Aへと改造される。

  • F-111B(7機):
    AN/AWG-9 FCSレーダーAIM-54「フェニックス」を装備する海軍型。
    着艦時の前方視界確保のため機首は空軍型より約2m短くなり、逆に主翼は低速での操縦性確保のため約2m長くなっている。
    フェニックスはウェポンベイに2発、主翼下に4発の計6発が装備可能であった。
    重量超過を理由に空母での運用は困難と判断され、計画取り消しとなった。

  • F-111C(24機):
    オーストラリア空軍向け。
    イングリッシュ・エレクトリック?キャンベラ?爆撃機の後継として導入した。
    後に18機が「ペイブ・タック」ポッドとGBU-15装備の為の改修を受け、AGM-84AGM-88の使用が可能になった。
    2010年にF/A-18E/Fへと更新され退役した。

  • F-111D(96機):
    アビオニクスの改修(Mk.1→Mk.2)やエンジンの換装(TF30-P-9)が行われた型。
    1992年退役。

  • F-111E(94機):
    A型のエアインテークをトリプル・プラウIIに改良し、超音速でのエンジンパフォーマンスの向上を図った型。
    ECM装置を除きアビオニクスはA型と同様である。
    フライバイワイヤーシステムやB-1の開発支援にも用いられた。

  • F-111F(106機):
    先行バージョンの結果を反映した最終生産型。
    アビオニクスをMk.2の改良型に変更し、エンジンを高出力のTF30-P-100に換装した。

  • F-111G(30機):
    FB-111Aの戦略攻撃用装備を取り外して再配備した型。
    主に訓練用として使用。
    うち15機はオーストラリア空軍に売却された。

  • F-111K(46機予定):
    イギリス海軍型。
    TSR.2?の開発中止により導入が検討されていたが、財政難を理由にキャンセルされた。

  • TF-111K(4機予定):
    K型の練習機型。導入されず。

  • FB-111(76機):
    戦略爆撃機型。
    主に主翼の改修やエンジンの換装(TF30-P-7)を行っている。
    AGM-69A「SRAM」やB28・B57・B61・B83戦術核爆弾を搭載可能。

  • FB-111B/C/H:
    ジェネラル・ダイナミクスが、カーター政権下の軍縮によって開発中止されたB-1Aの代替として提案した計画案。
    胴体を3m延長して、エンジンはB-1A用に開発されたF-101を2基搭載し、アビオニクスも最新のものに換装するプランであった。
    C型はF-111DにB型と同様の改修を施し、翼長をFB-111系統と同程度まで延伸するプランであった。
    B-1Bとの競争に敗れ採用されず。

  • EF-111A「レイヴン*6」(42機改修):
    EB-66の後継として開発された電子戦機型。
    A型にEA-6が使用していたAN/ALQ-99?の改良型であるAN/ALQ-99E電子妨害装置を搭載。
    ただしAGM-88「HARM」などの対レーダーミサイル運用能力は持っていない。
    維持費がかさむため1996年以後順次退役し、1998年に全機体が運用終了となった*7

  • RF-111C:
    オーストラリア空軍の使用する、F-111Aのウェポンベイに偵察キットを搭載し偵察機としたバージョン。

  • AFTI F-111 MAW:
    F-111Aをベースに米空軍NASAが共同で開発した、用法適応翼実験機


*1 ツチブタの意。
*2 後にこの構想は戦略爆撃機型の「FB-111A」として具現化した。
*3 公式に撃墜としてカウントされている。
*4 型番の数字に由来。
*5 この発表はアメリカ軍からの退役当日に行われた。
*6 Raven:ワタリガラスの意。
  なお、非公式な愛称として「スパークバーグ(Spark Vark)」や「エレクトリック・フォックス(Electric Fox)」というものもあった。

*7 これ以後、空軍は独自の電子戦機を装備することを取りやめ、海軍海兵隊との統合運用部隊に配備されるEA-6Bを充当することになった。
  その後、当のEA-6Bの寿命が満了に近づいたことから、B-52Hを改修した電子戦機「EB-52」の導入が計画されたがキャンセルとなっている。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS