Last-modified: 2021-11-27 (土) 07:26:58 (5d)

【E-10】(いーてん)

Boeing/Northrop Grumman E-10.

アメリカのボーイングノースロップ・グラマンが、中型ジェット旅客機B767-400ERをベースに開発していたマルチセンサー指揮管制機(MC2A(Multi-Sensor Command and Control Aircraft))。
従来、アメリカ空軍が用いていたE-3C「セントリー」E-8「ジョイントスターズ」EC/RC-135の代替となる機体として開発されたが、連邦政府の国防予算縮小により2007年に開発が中止された。

従来、アメリカ空軍では航空/地上部隊の指揮・管制やELINT/SIGINTに、ボーイングB707/KC-135をベースにしたE-3E-8EC/RC-135といった機体を用いていた。
しかし、これらの機体は母体となるB707/KC-135の原設計が1950年代と古く、機体自体の老朽化・陳腐化が進んでいる*1のと同時に、機内スペースの狭さなども問題になっていた。
そこで、より設計の新しいB767をベースに、これらの代替となる機体を目指して開発されたのが本機であった。

計画では、B767の近代化モデルである-400ER型をベースにして、空地両用の"MP-RITP*2"アクティブフェイズドアレイレーダーなどを搭載することになっていたが、2006年に国防予算縮小のあおりを受けて追加予算が立てられなくなり、2010年に初飛行する予定の実証実験機の開発に注力することになった。
しかし、この計画も後に中止され、機器の搭載を予定していた機体はバーレーンに売却されて政府専用機として用いられることになった。

なお、本機のために開発された各種技術は、(本機によって更新される予定だった)E-3E-8RC-135の改良に用いられた他、搭載を予定していたアクティブフェイズドアレイレーダーは小型化され、RQ-4「グローバルホーク」Block.40無人偵察機に搭載されることになった。

派生型(予定)

予定されていた本機の派生型は以下のとおりである。

  • スパイラル1:
    E-8 Joint STARSの後継機。制式化時にはE-10Aになる予定だった。

  • スパイラル2:
    E-3C「セントリー」の後継機。制式化時にはE-10Bになる予定だった。

  • スパイラル3:
    EC-135RC-135などSIGINT/ELINT任務機の後継機。制式化時にはE-10Cになる予定だった。


*1 B707の民間型の生産は1982年に終了し、軍用型も1991年に生産を終了していた。
*2 Multi-Platform Radar Technology Insertion Program(多重プラットフォームレーダー技術挿入プログラム)の略。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS