Last-modified: 2023-10-06 (金) 20:01:24 (60d)

【DB605】(でーべーぜくすはんだーとふゅんふ)

Daimler-Benz DB605.

ドイツのダイムラー・ベンツで開発、製造された航空機用液冷V型12気筒エンジン。
主に第二次世界大戦期のドイツ空軍主力戦闘機であるBf109後期型に搭載された。
また、ドイツの同盟国、友好国であったイタリアやスウェーデンではライセンス生産、ルーマニアやフィンランドには供与機に搭載され、各国で運用された。

基本設計はDB601のものながら、シリンダー内径を4mm拡大、排気量を増加することやその他改設計で、原型と遜色ないサイズのまま(重量は増えている)最大回転数を増加し出力向上を果たしている。
しかし、本エンジンが運用された大戦中盤から終盤にはドイツの燃料事情は悪化の一途を辿り、ノッキング対策などが原因で性能を完全に発揮できない状況となっていた。
そこで、生産中期から短時間ながらブースト圧と回転数を増大し大出力を得られる「MW50」水メタノール噴射装置が装備可能となった。
こうした装備はエンジンの耐用時間を減らす、使用後はその機構が重量物となるなどの欠点があったものの、多数かつ強力な連合軍機に対抗するべく、末期には頻繁に使用された。

主な搭載機

  • DB605系統
  • DB610
    • ドルニエ Do317B
    • ハインケル He177「グライフ」(A-3とA-5に搭載)
    • メッサーシュミット Me261V-3

  • R.A.1050 R.C.58 「ティフォーネ*1
    • フィアット G.55「チェンタウロ」
    • マッキ C.205「ヴェルトロ / オリオーネ」
    • レッジャーネ Re.2005「サジタリオ」
    • サヴォイア・マルケッティ SM.91/92

性能諸元

型式DB605AM
タイプ液冷倒立V型12気筒(開度60°)
ボア×ストローク154mm×160mm
排気量35.7L
全長2,303mm
直径845mm
重量730kg
1シリンダ当たりのバルブ数吸気×2、排気×2
(排気バルブはナトリウム冷却、バルブ駆動はOHC)
燃料供給方式直接噴射式
圧縮比7.5:1(87オクタン燃料使用時)
8.5:1(100オクタン燃料使用時)
過給器遠心型機械式1段無変速(流体継手を採用)
(オプションでMW50やGM-1のようなブースト装置を装備可能)
出力1,800PS / 2,800rpm(離昇時、MW-50使用)
1,700PS / 2,800rpm(高度4,000m、MW50使用)
1,080PS / 2,300rpm(高度5,500m、巡航時、MW-50不使用)

派生型

ダイムラー・ベンツ

  • DB605A:
    離昇1,475PS/2,800rpm
    ただし、1943年6月8日までは初期不良により離昇1,310PS/2,600rpmに制限。
  • DB605AM:
    MW50を装備した605A。
    MW50出力増強装置使用時:離昇1,800PS

  • DB605B:
    DB605Aと同等の性能ながら、ギア比を重戦闘機爆撃機向けに変更したもの。
  • DB605BM:
    MW50を装備した605B。

  • DB605AS:
    605AにDB603?過給器を搭載した高高度性能向上型。
    離昇1,455PS/2,800rpm
    • DB605ASM:
      MW50を装備した605AS。
      MW50使用時:離昇1,800PS
    • DB605ASB(M):
      大戦末期にオクタン価87の燃料用に605ASを改修した型。
      MW 50使用時:離昇1,800PS
    • DB605ASC(M):
      大戦末期にオクタン価100の燃料用に605ASを改修した型。
      MW50使用時:離昇2,000PS

  • DB605BS:
    DB605ASと同等の性能ながら、ギア比を重戦闘機爆撃機向けに変更したもの。
    • DB605BSM:
      MW50を装備した605BS。

  • DB605D(M):
    Dシリーズの初期型。標準でMW50が装備可能となった。
    MW50使用時:離昇1,700PS
    • DB605DB(M):
      オクタン価87の燃料用に605Dを改修した型。
      MW50使用時:離昇1,800PS
    • DB605DC(M):
      オクタン価100の燃料用に605Dを改修した型。
      MW50使用時:離昇2,000PS

  • DB610:
    DB605Aを二つ組み合わせて1本のプロペラシャフトを回すようにした特別仕様型。
    He177のエンジンとして開発。離昇2,950PS。

フィアット

  • R.A.1050 R.C.58 機屮謄フォーネ」:
    DB605Aのライセンス生産型。 離昇1,475PS/2,800rpm


*1 Tifone:台風の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS