Last-modified: 2015-07-13 (月) 11:56:30 (886d)

【CIC】(しーあいしー)

Combat Information Center(戦闘情報センター*1)。

現代の軍艦において、戦闘中の指揮や航空機誘導を行う部屋。
自艦の状況やレーダーソナー等の情報及び通信といった、艦の指揮運用に必要な一切がここに集約される。

重要な情報を扱うため、立ち入りに関しては乗組員であっても制限を受け、権限のない者の立ち入りは禁じられている。
また、得られる情報が視認(肉眼による確認)では無く、レーダー等のデータ化された情報が主流となっている為に、窓を持たず、艦の中枢として他の部署よりも強固なつくりになっているのが普通である。

しかし、通常の訓練では「被弾しない場所」として取り扱われるケースが多いため、防火、防水などのダメージコントロール機能は非常に低い*2

一般的にCIC内では指揮管制エリアは定まっているが、対空戦、対潜戦、対水上戦などの区画は乗員の数によって振り替えることができる。*3

http://eraabakkarideyagaru.up.seesaa.net/image/John_S__McCain_(DDG-56).jpg

アーレイ・バーク級駆逐艦「ジョン・S・マケイン(DDG-56)」のCICコンソール。

http://eraabakkarideyagaru.up.seesaa.net/image/img26b46afdzik8zj.jpg

こんごう型イージス艦のCIC。前者との違いがよくわかる。

略史

CICは第二次世界大戦さなかの1940年代、イギリスがドイツの航空部隊を迎撃するためにレーダー、通信施設などを一箇所に集めたのがはじまりとされる。
このアイデアは日本海軍航空攻撃に悩まされていたアメリカ海軍において注目され、試験的に駆逐艦に搭載された。
CICには当初艦橋にいた艦長と、レーダー員・砲術士などが配置され、艦橋や機関室、射撃管制室などと無電池電話の回線を作ることで、CICに戦闘中の全ての情報が集約されるシステムが完成した。
1943年の珊瑚海海戦で大きな成果を挙げたため、以後全ての艦艇に搭載されるようになった。


*1 英国海軍では"Operation Center"、海上自衛隊では「戦闘指揮所」と呼ばれている。
*2 海上自衛隊の護衛艦「しらね」では、停泊中にCICで電気火災が発生し、内部のコンピュータや計器類が大破する損害を出した。
  後に退役予定であった「はるな」のCICを移植して復帰している。

*3 海上自衛隊のCICでは米軍のように照明にブルーライトを用いず、蛍光灯に絞りをつけて、白色光を取り入れている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS