Last-modified: 2014-07-20 (日) 20:35:18 (1012d)

【BMD-3】(びーえむでぃさん)

旧ソ連(ロシア)が開発した歩兵戦闘車
赤軍空挺部隊(後のロシア空挺軍)向けとして1980年代中盤から開発され、1990年に採用、1994年から生産が開始された。

前作までと比べて車体設計は大幅に見直されており、車体を大型化した事によって車内容積が増大したほか、BMD-2砲塔が搭載できるようになった。
武装には砲塔に2A42 30mm機関砲とPKT 7.62mm機関銃を装備するほか、対戦車戦闘用に9M113「コンクールス」対戦車ミサイルが搭載されている。
また、車体正面にはRPKS-74 5.56mm機関銃とAGS-17「プラーミャ」30mm自動擲弾筒を装備し、前方への火力展開が可能になった。
そのほか、履帯などの足回りを改良した事により、従来のBMDシリーズよりも機動性の向上や荒地踏破性能も改善されている。

車体重量は増加したが、ロケット噴射緩衝装置付のパラシュート・トレーによる空中投下が可能である。
また、BMD-3用にプラットフォームを必要としない新型降下装置PBS-950が開発され、空挺兵を乗せたまま投下し、着地後直ちに戦闘に移ることが可能となった。

スペックデータ

乗員2名+兵員5名
全長6.36m
全高2.45m
全幅3.11m
戦闘重量13.2t
エンジン2B-60-2水冷ディーゼルエンジン(出力331kW)
登坂力70%
超堤高0.7m
超壕幅2.0m
速度71km/h(路上)/45km/h(不整地)/10km/h(浮航)
行動距離500km
装甲16mm(装甲)
砲塔:スチール
車体:アルミ合金
兵装2A42 30mm機関砲×1門(弾数860発)
AGS-17「プラーミャ」 30mm自動擲弾発射器×1基(弾数541発)
9M113「コンクールス(AT-5「スパンドレル」)」対戦車ミサイル発射機×1基(ミサイル6発)
PKT? 7.62mm機関銃×1挺(弾数2,000発)
RPKS-74 5.45mm機関銃×1挺(弾数2,160発)
902V「トゥーチャ」3連装煙幕発射器×2基


バリエーション

  • BMD-4(BMD-3M「バフチャー-U」)
    BMD-3の改良型。詳しくは項を参照。

  • BMD-3K「バフチャー-K」:
    指揮車型。

  • 2S25「スプルート-SD」
    対戦車自走砲型。詳しくは項を参照。

  • RKhM-5「ポヴォースカ-D-1」:
    化学偵察車型。

  • BTR-MD「ラクーシュカ」:
    多目的輸送車型。

  • BTR-MDM:
    BTR-MDの改良型。

  • トラヴマティズム:
    衛生車型。

  • ZPRK「ロマーン」:
    高射ミサイル・自走機関砲型。

  • オブジームカ:
    120mm自走砲型。

  • オブジームカ-K:
    120mm自走砲指揮車型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS