Last-modified: 2018-12-17 (月) 20:53:31 (217d)

【BMD-2】(びーえむでぃに)

旧ソ連が開発した空挺軍向け歩兵戦闘車
1985年に正式採用となった。「ブートカ*1」とも呼ばれる。

BMD-1の武装を変更した物で、BMD-1が搭載していた1名用砲塔の使い勝手の悪さを教訓にBMD-2の砲塔では主武装を2A28 73mm低圧滑腔砲から2A42 30mm機関砲に換装し、目標追随スタビライザーが装備された。
対戦車戦闘用に9M113「コンクールス」又は9M111「ファゴート」対戦車ミサイルが搭載され、砲塔上から発射できるようになっている。
また、BMD-1にあった車体右前端の固定機銃は廃止され、PKT 7.62mm同軸機銃は車体左前端に固定装備する。
BMD-1同様、輸送機やヘリコプターから空中投下が可能で、An-22からロケット噴射緩衝装置付のパラシュート・トレーによる空中投下が可能である。

スペックデータ

乗員2名+兵員5名
全長5.97m
全高2.18m
全幅2.70m
全備重量8.0t
エンジン5D20 4ストローク水平対向6気筒液冷ディーゼル(出力240hp)
最大速度60km/h(路上)/10km/h(浮航)
行動距離500km
装甲6〜26mm
武装2A42 30mm機関砲×1門(弾数300発)
PKT 7.62mm機関銃×3挺(弾数2,940発)
9P135M-1対戦車ミサイル発射機×1基
(9M111「ファゴット(AT-4『スピゴット』)」または9M113「コンクールス
(AT-5『スパンドレル』)」対戦車ミサイル×3発)


派生型

  • BMD-2:
    基本型。

  • BMD-2K:
    指揮車型。
    無線機2台と電力供給用のエンジン発動機を設置。

  • BMD-2M:
    近代化改修型。
    9M133「コルネット」対戦車ミサイル連装発射機に換装し、砲塔煙幕弾発射機を装備している。


*1 Будка:見張り小屋の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS