Last-modified: 2014-07-20 (日) 20:46:09 (982d)

【BMD-1】(びーえむでぃいち)

旧ソ連が開発した空挺部隊(VDV)向け歩兵戦闘車
開発は1960年代前半から始まり、1968年から生産が開始、1969年に制式採用となった。
BMDとは「空挺戦闘車」を意味するБоевая машина десантаの略である。

BMP-1を小型軽量化した物で、主武装もBMP-1と同様である。
しかし、重量は7.6トンとBMP-1よりも約6トン軽い。
また、輸送機からの投下も考えて懸架装置は姿勢制御式の液気圧式で、空中投下の際には懸架装置の破損を防ぐため、転輪と車体下部が水平になるように液気圧式懸架装置のアームを折り畳む。

エンジンは、出力240hpの5D20 水平対向6気筒液冷ディーゼルエンジンを搭載しており、出力重量比は戦闘重量が軽い事から31.6hp/tにも達し、かなり良好な機動力を発揮できる。
路上最大速度は60km/hだが、余剰パワーにより、不整地走行能力も高いといわれている。
また、車体後部にはウォータージェットが装備されているため水上航行も可能で、路上航続距離も500kmと、この種の車両としては十分である。

追加設備として、フィルター式換気装置、自動消火装置、発煙装置を装備する。
その外、空中投下された本車を空挺兵が探し出せるようにビーコン発信機が設置されている。
外部との連絡用にR-123M無線機、車両内での会話用にR-124戦車会話装置が搭載されている。

実戦ではエチオピアとソマリアが戦ったオガデンの戦闘(1977年〜1978年)で初めて使用されたほか、1979年のカブールの大統領府ダルラマン宮殿襲撃作戦や1979年12月のアフガニスタン侵攻に参加し、先乗りの空挺部隊で使用されて活躍した。
現在でもロシア空挺軍で運用されているほか、CIS諸国やインドが装備している。

スペックデータ

乗員2名+兵員5名
全長5.4m
全高1.97m
全幅2.63m
戦闘重量7.6t
懸架・
駆動方式
油気圧式
エンジン5D-20 V型6気筒液冷ディーゼル(出力240hp)
登坂力70%
超堤高0.7m
超壕幅2.0m
最大速度62km/h(路上)/10km/h(浮航)
行動距離500km
装甲16mm(最大)
兵装2A28 73mm低圧滑腔砲×1門(弾数40発)
9M14M「マリュートカ(AT-3『サガー』)」対戦車ミサイル発射機×1基(ミサイル3発)
PKT 7.62mm機関銃×3挺(弾数4,000発)


派生型

  • BMD-1:
    初期生産型。

  • BMD-1K:
    1971年に開発された指揮車型。
    無線機(R-126・R-107)2台と電力供給用のエンジン発動機を装備する。

  • BMD-1P:
    9M14の発射レールを廃して、9M113「コンクールス(AT-5『スパンドレル』)」対戦車ミサイルの発射機を搭載した型。

  • BMD-1PK:
    BMD-1Pの指揮車型。

  • BMD-1M:
    砲塔後部に煙幕弾発射機を装備する型。

  • 1V118/1V119:
    砲兵観測車型。

  • BRehM-D:
    修理回収車型。

  • BTR-D
    1974年に開発された装甲兵員輸送車。詳しくは項を参照。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS