Last-modified: 2017-07-08 (土) 08:56:30 (133d)

【BM-27】(びぃーえむにじゅうなな)

ソ連/ロシアが1970年代に開発した自走ロケット砲。愛称は「ウラガン*1」。

ZiL-135 8×8トラックの荷台にチューブ状の16連装220mmロケット発射機を搭載し、ランチャーは俯仰角0〜55度、旋回角は左右30度である。
また、NBC防護装置が装備されており、車外から出ずに停車から3分以内に発射準備をすることが可能。
ロケットの弾頭には、破砕性弾頭化学兵器弾頭、PFM-1?対人地雷散布弾頭などを装備することができる。
運用の際はZIL-135トラックを基にした9T542弾薬運搬車とともに運用される。

1973年から部隊配備が開始され、ロシア陸軍の自動車化狙撃(機械化歩兵師団旅団戦車旅団自走ロケット砲兵連隊に配備されており、9K58「スメルチ」と共に運用されている。
ロシア以外ではシリアにも供与されている。

スペックデータ

乗員4名
全長10.8m
全幅2.8m
全高3.2m(移動時)
戦闘重量20t
エンジンZIL-375 4ストロークV型8気筒液冷ガソリンエンジン(出力177hp)2基
最大速度65km/h(路上)
航続距離570km
携行弾数16発
兵装16連装220mmロケット砲×1基
連射速度16発/8秒(一斉射撃時)・2発/秒(単発射撃時)

*1 Ураган:ロシア語で暴風・疾風の意。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS