Last-modified: 2017-10-23 (月) 19:05:17 (55d)

【BLC】(びーえるしー)

boundary layer control

  1. 境界層制御。
    翼の表面を流れる気流の境界層(層流と乱流の境目)を制御して、気流の剥離を防ぐ技術。
    主として着陸時や旋回時など、高迎え角での失速を防ぎ、抗力を抑えるために用いられる。
    フラップやボルテックスフィン、ドッグツースなどにより実現される。

  2. 狭義においては、吹き出しフラップのことを意味する。
    これはフラップの上面から圧縮空気を吹き出し、積極的に境界層を制御し、低速でも失速しないようにするものである。
    F-104F-4などのように高速向きの空力特性を持つ戦闘機を着陸させる際や、PS-1などの飛行艇を低速で着水させるために用いられる。
    圧搾空気を用いるため複雑な機構となり、特に戦闘機では被弾時の被害が拡大しやすい欠点があるため、近年はあまり用いられない。
    また、エンジンの排気を使って圧縮空気を作るため、着陸時であってもエンジンの出力を絞ることが出来ない。
    特に超音速機では速度を抑えるため迎え角が大きくなり、前方の視界が悪くなる傾向にある。

    これらの問題を解決するため、近年では推進用エンジンと別に、BLC専用のエンジンを搭載する機種も存在する。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS