Last-modified: 2021-08-25 (水) 08:27:31 (30d)

【B747SR】(びーななよんななえすあーる)

Boeing 747SR(B747-100 Short Range).

ボーイング社が開発した大型ジェット旅客機B747の派生型のひとつ。
主に日本の国内幹線向けに、短距離・高稼働率運航に特化されたモデルである。

ボーイングは日本以外の市場も見込んでいたが、発注したのは日本の航空会社だけだった。

運用寿命までの着陸回数が多くなる事を想定し、脚部を中心に構造を強化*1
また、大都市圏の空港に特有の用地取得難・騒音公害を想定し、少ない便数で多くの顧客をさばけるよう客席を増加。
ベースモデルで450名程度だった定員を最大536名まで増加させた。

全部で24機が生産され、日本航空に7機・全日本空輸に17機が引き渡されたが、現在では老朽化に伴って後継のB747-400D*2B777*3に置き換えられ、旅客機としては退役済み。
貨物機に改修された機体(後述)が少数残存しているが、これも退役は確実とみられている。

日本航空では日本航空123便墜落事故の後、同型機を全機売却し*4、1990年代に退役。
全日本空輸でも2006年に全機が退役した。

関連:日本航空123便墜落事故 B747-400D

派生型

  • B747SR-100F:
    貨物機に改修した型。
    エバーグリーン・インターナショナルエアーラインズINCやユナイテッド・パーセル・サービス (UPS) 、日本貨物航空で運用されていたが、日本貨物航空とUPSでは退役している。


*1 B747-200型と同様の降着装置への変更や、ブレーキの改良など。
*2 これも日本航空では2010年、全日本空輸では2014年までに全機退役している。
*3 現在、こちらも初期に導入された機体の退役が始まっている(後継には日本航空がA350-900、全日本空輸がB777-9を充てる予定である)。
*4 このうち1機(機体記号:JA8117→N747BL→N911NA。本型の第1号機でもあった)がNASAに渡り、スペースシャトル輸送機に転用された。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS