Last-modified: 2020-09-12 (土) 13:19:48 (40d)

【B747SP】(びーななよんななえすぴー)

Boeing 747 Special Performance.

ボーイング社が開発した超大型ジェット旅客機B747の派生型のひとつ。

航続距離の延長を企図して機体重量を軽量化しつつペイロードを削減したモデル。
最大の特徴は胴体長の大幅な短縮で、原型に比して主翼前方を5.0m、後方を9.7m、計14.7m詰められている。
胴体短縮によって劣化した静安定性を補うため、垂直尾翼水平尾翼が大型化されている。

再設計当初の目的は、ニューヨーク〜東京間の直行便を運行できるだけの航続距離を確保する事だった
原型機B747-100がニューヨークと東京を往復しようとした場合、アラスカないし西海岸への着陸と給油が必要だった。
この状況を打破するため、アメリカ経済と日本経済の中心地を直接結ぶための機体が要求される事となった。

1976年に初号機がパンアメリカン航空へ引き渡され、予定通りニューヨーク〜東京直行線に就航した。
日本航空・ノースウエスト航空などはこの路線の登場で打撃を受けたが、一方、提供可能な座席数の減少で収益が非効率化したのも一面の事実である。
競合他社は経営判断や政治的都合から本機を購入せず、さらなる改良型モデルが早期に登場した事もあり、総生産機数は45機に留まっている。
その後、座席数と航続距離を両立したB747-200BB747-400などの登場で販路を喪い、1989年に生産が中止された。

本機は主に超長距離路線を擁する(が、一般型B747ほどの収容力を要しない)航空会社で運用されてきたが、後継としてB767/B777エアバスA330/A350XWBなどが登場したことにより退役が進んでいる。
また、ブルネイ・バーレーン・サウジアラビア・アラブ首長国連邦(UAE)・カザフスタンなどが政府専用機として導入している*1

スペックデータ

乗員3名(機長副機長航空機関士
乗客232〜331名
全長56.31m
全高20.06m
全幅59.64m
重量152,780kg
最大離陸重量304,000kg
エンジンターボファン×4基
P&W JT9D-7R4W?またはロールス・ロイス RB211-524D4
最高運用速度マッハ0.92(1,095km/h)
巡航速度マッハ0.88(990km/h)
航続距離12,325km

主なカスタマー(2020年8月現在)

運航会社機数合計
ラスベガス・サンズ2機2機
プラット&ホイットニー2機2機
NASA*21機1機
ロイヤル・フライト・オブ・オマーン1機1機
合計6機



*1 ブルネイ・サウジアラビア・UAE・カザフスタンではすでに退役済み。
*2 遠赤外線天文学成層圏天文台"SOFIA"(Stratospheric Observatory for Infrared Astronomy)のベース機。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS