Last-modified: 2017-03-20 (月) 20:00:49 (64d)

【B2707】(びーにーななまるなな)

Boeing B2707(733-290).

1960年代にボーイング社が開発を進めていた超音速旅客機(SST)
当時、超音速旅客機としてはロッキード社のL-2000、英仏共同開発のブリストル223(後のコンコルド)、旧ソ連のツポレフTu-144といった機体が開発されていたが、本機はこれに対抗する機体として開発が始まった。

開発当初は「ボーイング733-290」と呼ばれ、全長83メートル、最高速力マッハ2.7、ペイロードは乗客・乗員229人で可変後退翼を有する構造だったが、最終的に可変後退翼は省かれた形で開発が行われることになった。
パンアメリカン航空の15機を筆頭に、世界26の航空会社から合計122機の受注を得た(日本については後述)が、1971年3月24日、連邦議会が1億3400万ドルに及ぶ開発費の援助を拒否したことにより、本計画は頓挫することになる。

日本では、当時のフラッグキャリアであった日本航空が8機を発注していたが、計画の頓挫に伴って自然と立ち消えた*1

本機のモックアップは一度解体されたが、19年後に買い取られ、一部が再組立されてカリフォルニア州サンカルロスにあるヒラー航空博物館に展示されている。

B2707のデータ(予定)

全長96.9m
全幅43.18m
巡航速度マッハ2.7
巡航高度60,000ft(18,300m)以上
推進方式ジェットエンジンターボジェットもしくはターボファン)×4基
推力267kN(60,000lbf)×4基
乗客250〜321人



*1 なお、コンコルドも並行して発注していたが、こちらも頓挫している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS