Last-modified: 2016-09-16 (金) 13:29:59 (192d)

【B-26】(びーにじゅうろく)

Martin B-26 Marauder(マローダー)

アメリカのマーチン社が開発、アメリカ陸軍航空隊に採用された双発爆撃機
1939年の中型高速爆撃機仕様書に基づいて設計され、アメリカ陸軍に提案された結果、原型機試作さえ指示されずにいきなり契約を結ばれるという異例の経歴を持っている。
これは開戦間近と目された欧州方面の状況に対応するため、より迅速に高性能な中型爆撃機を配備したかったからだと考えられる。

1940年11月の初飛行後、B-26は最高時速500km近く出る高速爆撃機として欧州戦線に登場し、その高速性は遺憾なく発揮された。
後の話になるが、太平洋戦線でもミッドウェー海戦やニューギニア方面等で用いられ、本機の高速には日本軍のベテランパイロットたちも手を焼いたそうである。
ただし、初期型は武装配置に問題があって有効な弾幕を展開できず、一度食らいつかれるとカモだったらしい。

しかし、本機は着陸速度も当時としては異常に速く(210km/h)、その上高速力を目指したために翼面荷重が増加したことで低速運動性も悪化、離着陸時や低速飛行時の事故が多発する結果となった。
そのため、この機体は「キラープレーン(殺人機)」や「未亡人製造機(Widow maker)」という非常にありがたくないあだ名をつけられてしまうことになる。
この事故発生率の高さから一時は生産中止になるところだったが、米陸軍も新たな高速中型爆撃機を設計している余裕はなく、なし崩し的に量産が続けられた。
やがて、エンジンを強化して低速運動性も改善したB型が量産開始され、この機体の事故発生率は劇的な改善を見せた。

また、イギリス軍や自由フランス軍にもレンドリースとして相当数が供与された。

スペックデータ

乗員7名
全長17.65m
全幅21.64m
全高6.55m
翼面積61.13
全備重量17,340kg
エンジンP&W R-2800-43「ダブルワスプ」空冷星形複列18気筒×2基(出力2,000shp)
最高速度455km/h
実用上昇高度6,040m
航続距離4,590km
武装12.7mm機銃×12挺
ペイロード最大1.8tの爆弾を搭載可能。


派生型

  • Model 179:
    当機提案の社内モデル呼称。原型・生産前機は製作されず。

  • B-26:
    最初の生産型。乗員5名。エンジンはR-2800-5(1,850hp)を搭載。

  • B-26A:
    燃料容量の増大と武装強化を行った型。
    エンジンはR-2800-9(出力1,850hp)を搭載。

  • B-26B:
    武装を変更し、装甲を強化した型。
    エンジンはR-2800-41(出力2,000hp)を搭載。

  • TB-26(AT-23A):
    B型を改修した標的曳航・射撃練習機。

  • CB-26B:
    B型の輸送機改修型。

  • B-26C:
    R-2800-43エンジン(出力2,000hp)を搭載する型。
    他の装備はB-26Bと同様。

  • TB-26C(AT-23B):
    C型にAT-23A同様の改修を施した型。

  • XB-26D:
    主翼・尾翼前縁に熱空気防氷装置を装備した試験評価機。

  • XB-26E:
    軽量型試作機。背面銃座位置を前方に移動した。

  • B-26F:
    離陸性能改善のため主翼取り付け角を改善した型。

  • B-26G:
    B-26F同様の機体だが、細部に変更が施された型。

  • TB-26G:
    乗員訓練・標的曳航用の改修が加えられたB-26G最終生産型。

  • XB-26H:
    B-47爆撃機用降着装置の試験用に改装されたB-26Gの呼称。

  • JM-1:
    AT-23Bの海軍側での呼称。

  • JM-1P:
    JM-1の写真偵察用改修型。

  • JM-2:
    TB-26Gの海軍側での呼称。

  • Marauder Mk.I:
    B-26Aが英空軍に供与された際の呼称。

  • Marauder Mk.IA:
    B-26Bが英空軍に供与された際の呼称。

  • Marauder Mk.II:
    B-26Cが英空軍に供与された際の呼称。

  • Marauder Mk.III:
    B-26FおよびB-26Gが英空軍に供与された際の呼称。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS