Last-modified: 2014-02-07 (金) 12:23:23 (1144d)

【ASMP】(えーえすえむぴー)

フランスのアエロスパシアル社が開発した空対地巡航ミサイル
名称は"Air-Sol Moyenne Portée"の略である。

1986年からフランス空軍?で採用され、1989年からはフランス海軍?にも配備が開始されており、84発(空軍:60発、海軍:24発)が生産された。

主な搭載機として、AN-22核爆弾を運用していたミラージュIVと、AN-52核爆弾を運用していたシュペルエタンダール?に運用能力が与えられた。
後に、ミラージュ2000Nラファールによる運用も可能とされた。
最高速度はM2.0で射程は250km、核弾頭はTN80核弾頭(TNT300kT相当)*1を搭載できる。

スペックデータ

全長5.38m
直径38cm
翼幅96cm
発射重量860kg
射程300km(高高度発射)
80km(低高度発射)
速度マッハ3.0(高高度)
マッハ2.0(低高度)
推進方式固体ロケットラムジェット統合推進
エンジンONERA製ラムジェット/SNPE Alain統合固体推進ブースターロケット
ペイロード300kg(単弾頭)
弾頭TN80核弾頭(300kT)またはTN81核弾頭(150kT)
誘導方式慣性+地形照合


派生型

  • ASMP-A:
    射程を延伸した改良型。
    2006年にミラージュ2000Nによって最初の試射が行われた。


*1 後にTN81核弾頭(TNT150kt相当)を搭載。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS