Last-modified: 2021-11-01 (月) 04:17:30 (36d)

【ASMP】(あすんぷ)

Air-Sol Moyenne Portée (仏)

フランスのアエロスパシアル社が開発した航空機載型の戦術核兵器
名称はフランス語で「中距離空対地ミサイル」の意で、機械的構造は一般的な巡航ミサイルに準ずる。
弾頭部分は核弾頭であり、通常弾頭への換装は想定されていない。

1986年からフランス空軍で採用。
1989年からはフランス海軍にも配備が開始された。

スペックデータ

全長5.38m
直径38cm
翼幅96cm
発射重量860kg
射程300km(高高度発射)
80km(低高度発射)
速度マッハ3.0(高高度)
マッハ2.0(低高度)
推進方式固体ロケットラムジェット統合推進
エンジンONERA製ラムジェット/SNPE Alain統合固体推進ブースターロケット
ペイロード300kg(単弾頭)
弾頭TN80核弾頭(300kT)またはTN81核弾頭(150kT)
誘導方式慣性+地形照合
発射プラットフォームミラージュ4
ミラージュ2000N
ラファール
シュペルエタンダール


派生型

  • ASMP-A:
    射程を500kmに延伸し、300kTの熱核弾頭を搭載した改良型。
    2006年にミラージュ2000Nによって最初の試射が行われた。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS