Last-modified: 2014-04-23 (水) 11:32:47 (1189d)

【AS-18】(えーえすじゅうはち)

旧ソ連(現ロシア)のラドゥガ設計局?が開発した空対艦/空対地ミサイル
NATOコードは、AS-18「カズー(Kazoo:玩具の笛の意)」と呼び、ロシアではKh-59M「オーヴォト*1M」と呼ばれている。

本ミサイルは、前作Kh-59「オーヴォト(AS-13『キングボルト』)」?の射程延伸型として1980年中頃から開発されたものである。
型はAS-13とほぼ同じスタイルで、そこに新型推進装置や大型弾頭(HE ペネトレーティング弾頭(320kg)かクラスター弾頭(280kg))等が追加装備された。
その中でも特に注目するのが本体下部に付けられてる小型の推進装置であるRDK-300ターボジェットエンジンで、これにより射程も40kmから110kmに伸びている。
なお、このエンジンは本体の固体燃料ロケット推進薬が減少した時に作動し、本体燃料と切り替わる。
なお、320kgの弾頭・誘導部・シーカーKh-29から流用している。

現在、搭載機種としてはSu-17/22MiG-27Su-24M「フェンサー」Su-27/Su-30「フランカー」Su-25と、APK-9データリンクポッドを搭載出来る機種のみで、1994年から量産された今でも運用国はロシア軍とインド軍だけである。
またTV誘導(中距離は慣性誘導、短距離は電子光学的昼光TVシーカーのTV誘導(Kh-29Tのものと同じ) )で精密度は高いが、攻撃目標は主に艦船や地上施設に限られる。

Kh-59M.jpg

Photo: IAF(Indian Air Force)HP

関連:AS-14 Su-24 Su-30

スペックデータ

設計ラドゥガ国家機械設計製造局
全長5.69m
直径38cm
翼幅1.3m
発射重量920kg
射程110km
速度860km/h
飛行高度7〜10m(対艦)/100〜1,000m(対地)
推進方式固体燃料ロケットモーター+ターボファン
エンジンツマンスキー RDK-300ターボファン
弾頭HE ペネトレーティング弾頭(320kg)またはクラスター弾頭(280kg)
誘導装置慣性誘導/TV誘導
シーカー電子光学的昼光TVシーカー(Kh-29Tのものと同じ)
CEP5〜7m
発射装置AKU-58 レールランチャー


派生型

  • Kh-59M(AS-18「カズー」):
    初期型。射程15km。

  • Kh-59ME:
    1999年に発表された輸出型。
    射程200km。

  • Kh-59MK:
    ターボファンエンジンとARGS-59ARHシーカーを装備した対艦攻撃型。
    射程285km。

  • Kh-59MK2:
    MK型の対地攻撃型。
    撃ちっ放し能力を持つ。

  • Kh-59M2:
    M/MK型のシーカーをTV/IIRシーカーに変更した型。

  • Kh-20:
    核弾頭搭載型につけられた名称。
    Su-27ファミリーに搭載可能。

  • Kh-59L:
    アクティブレーザー誘導?型。
    配備状況は不明。


*1 Овод:ロシア語で「虻」を意味する。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS