Last-modified: 2013-12-28 (土) 11:57:08 (1217d)

【AM-7】(えーえむなな)

Mikulin AM-7(RD-3M)
ソ連のミクーリン設計局?で開発されたターボジェットエンジン。
1947年に入手したロールスロイス社製エンジンであるニーンダーウェント?を参考にしており、1948年から開発が開始され、1950年から生産が始まった。
主にTu-16Tu-104?M-4に搭載されている。
派生型としてAM-5(RD-5)があり、Yak-25(後に強化型のRD-9に換装)とMiG-19に搭載された。

仕様緒元

タイプターボジェット
全長5,380mm
直径1,400mm
乾燥重量3,200kg
最大推力85.3kN
圧縮比8.2:1
最大空気流量150kg/s
燃料消費率0.932kg
タービン入り口温度1,130K

派生型

  • AM-3
    • AM-3/3A:
      初期生産型。
    • AM-3D:
      推力85.6kN。M-4に搭載。
    • AM-3M-200/-500/-500A:
      推力増強型。推力93.1kN。
    • 渦噴8(WP-8):
      中国でのAM-3のコピーモデル。推力91.3kN。
      西安 轟炸6(H-6)(Tu-16ライセンス生産機)に搭載。
  • AM-5

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS