Last-modified: 2017-03-13 (月) 10:46:30 (158d)

【AL-1】(えーえるわん)

AirBorne Laser(エアボーンレーザー) AL-1(ABL)

アメリカ空軍弾道ミサイル迎撃用に開発していたレーザー砲、及びそれを搭載した超大型迎撃戦闘機
ボーイング社製の超大型貨物機B747-400Fをベースに*1、機首部に化学レーザー発振器を装備した機体である。
事前にスクランブル待機し、上昇段階の弾道ミサイルレーザー砲狙撃する、という運用が想定されていた。

2006年に就役が開始される予定だったものの、開発計画の進捗が思わしくなかったため延期された。
2010年には国防総省が「飛翔体の迎撃実験に成功した」と発表したが、翌2011年12月に機体はモスボールされた。
研究そのものは継続されているが、本機の機体そのものは2016年2月に解体されている。

超大型貨物機・B747-400Fプラットフォームとしていたのは、設計上の要求によるものであった。
搭載する攻撃型化学レーザー砲システムが、1基でB747-400Fキャビン全てを占有するほど巨大だったためである。
しかし、その巨大さにも関わらず、発射するレーザー破壊力は一般的な対空機関砲にすら劣っていた。

とはいえ、レーザーゆえ有効射程と命中精度は圧倒的であり*2、飛翔体を撃墜するには十分である。*3

関連:ミサイル防衛


*1 当初はKC-135を母機とする予定だったが、種々の事情によりB747-400Fに変更された。
*2 的確な位置に狙撃できる命中精度と装甲貫通力さえあれば一定以上の破壊力は必要ないのである……理論上は。
*3 「ちょっとした損傷」を与えるだけで制御の自由が奪われて墜落に至るようなバイタルパートが飛翔体には多数ある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS