Last-modified: 2018-05-13 (日) 18:30:12 (42d)

【AK-47】(えーけーよんなな)

旧ソビエト、共産圏で1947年に設計された自動小銃
第二次世界大戦でドイツ軍が使用したStG44を元に、ミカエル・カラシニコフ博士が設計*1
開発当初の制式名称は「7.62mm Автомат(Avtomat) Калашникова(Kalashnikova)(カラシニコフ式突撃銃)」。
後に多数の派生モデルが出現したため、1947年の原形モデルを区別するために47の数字が割り振られた。

天候の厳しい旧ソ連でも確実に動作する事が求められ、頑丈さ・扱いの容易さ・信頼性の高さを念頭において設計された。
設計段階で部品同士にわずかな隙間が設けられており、温度差による収縮や水や土砂などの浸透が起きても故障しにくい。
また、同様の理由から工作精度の悪い粗製の部品を用いても故障を起こしにくい*2
この設計思想は命中精度を大きく犠牲にしており、突撃銃としての制圧射撃には適するが、狙撃には向かない。

近代化モデル・ライセンス生産デッドコピーなど多数のバリエーションを持ち、合計生産数は推定8,000万挺以上。
生産工場の喪失や技術移転を想定して製造難易度の低い設計となっており、中小国の鉄工所でもデッドコピーの独自生産が可能。
この特性のためにソビエト当局の意図しない形でも第三世界に蔓延し、20世紀後半以降の紛争テロリズムの大半に関与する事となった。
ライセンス生産によって世界中に製法が拡散したため、現時点で流通しているAK47の88%は非正規な海賊版だと推定されている。

ギネスブックに曰く「世界で最も多く使われた軍用銃」。
国際的人権団体アムネスティ・インターナショナル曰く「世界中で一億人以上の命を奪った大量破壊兵器」。

関連:AKMAK7456式小銃

AK47.jpg

AK47を設計したミカエル・ティモフェイビッチ・カラシニコフ氏
Photo:IZHMASH

性能諸元

製造者イジェフスク機械製作工場(イズマッシュ)
口径7.62mm
全長870mm
銃身長415mm
重量3,800g(マガジンなし)/4,300g(マガジンあり)
ライフリング6条右回り
装弾数30発
使用弾薬7.62mm×39弾
作動方式長ガス・ピストン方式、回転ボルト閉鎖、セミ/フルオート切替射撃
発射速度600発/分
銃口初速730m/s
有効射程600m

国内AK-47系の主な種類

  • AK-47I型:
    1949〜1951年頃に生産された初期生産型。
    レシーバーはプレス加工で、マガジンの構造上給弾不良を起こしやすかった。

  • AK-47II型:
    1951〜1953年頃に生産された中期生産型。生産数は少ない。
    儀燭任魯廛譽慌湛だったレシーバーが削り出しに改められた。
    また、銃床の取り付け方法やピストルグリップの形状などが変更されている。

  • AK-47III型:
    1953年以降に生産された後期生産型。最も多く生産された。
    II型とはストックの着け方が異なる。
    レシーバーの間のスチールブロック部分を廃止。
    後部スリングスイベルを銃床下部からレシーバー左側面へ移設。
    前部スリングスイベルもフォアエンド左前からガスブロック部へ移設。

  • AKS-47:
    固定式木製ストックをMP40?に酷似した折りたたみ式金属ストック(フォールディングストック)に変更した型。
    空挺部隊やスキー部隊などの特殊部隊に支給されたほか、車両部隊やヘリコプターの装備火器として利用された。
    また、国境警備に当たるKGB部隊でも使用されていた。

  • AK-74
    5.45mmx39弾を使用するモデル。詳しくは項目参照。

  • AKM
    AK-47の後継として1959年に配備が始まった突撃銃。詳しくは項目参照。

  • PK
    AK-47をベースに開発された分隊支援火器。詳しくは項目を参照。

  • OTs-14 Groza:
    特殊部隊向けモデル。
    AKのレシーバーをストックとし、7.62x39mm弾と9×39mm弾を使用する、ブルパップ方式のアサルトライフル。
    Grozaはロシア語で「雷雨」の意。

  • BERCUT:
    KBP社製のAKベースのライフル。

  • VSS:
    隠密潜入作戦やゲリラ作戦用に従事する特殊部隊向けに開発された、特殊消音狙撃銃。
    9×39mm SP-5, SP-6という7.62×39mm弾をベースに作られた専用の亜音速弾を使用する。

  • AS Val:
    VSSと同一設計の特殊消音アサルトライフル。

国外AK-47系の主な種類

  • 56式小銃/1/2/C型:
    中国生産型。詳しくは56式小銃を参照。

  • 58式小銃A/B型:
    北朝鮮生産型。
    • 68式小銃:
      58式小銃の改良型。
      レシーバーがAKMに良く似たプレス加工に改められている。

  • MPi-K/MPi-KS:
    東ドイツ生産型。

  • AR:
    ブルガリア生産型。

  • PMK/PMKS:
    ポーランド生産型。

  • M64:
    旧ユーゴスラビア生産型。

  • AI/AIS:
    ルーマニア生産型。

  • AK-47N:
    ハンガリー生産型。
    ナイトスコープを装着出来る。


*1 実際の設計図は後に妻となる女性技師エカテリーナ・ヴィクトロヴナ・モイセーエフが書き起こしたという。
*2 鍜冶屋が一から手作りした海賊版の粗製AKでも弾倉一個分撃ち尽くす程度は保つという。

添付ファイル: fileAK47.jpg 1892件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS