Last-modified: 2015-07-29 (水) 12:17:39 (695d)

【AIM-47】(えーあいえむよんじゅうなな)

AIM-47 Falcon(旧称GAR-9)
アメリカ・ヒューズエアクラフト社製の空対空ミサイル
当初、AIM-4をベースに射程距離を延伸した発展型として開発されたため、同じくAIM-4をベースにしたAIM-26共々、「ファルコン」という愛称を持つ。
1958年から開発を開始し、1961年に初飛行した。

新型のヒューズAN/ASG-18レーダー/火器管制システムと組み合わされ、XF-108「レイピア」?迎撃戦闘機に搭載する予定だったが、XF-108が1959年に開発中止となったため、システムはCIAが開発していたA-12「OXCART」偵察機の派生型であるYF-12迎撃戦闘機に搭載されることになった。
誘導方式はセミアクティブレーダー誘導だが、必要に応じ、中間誘導段階において発射母機から送信される目標の更新データを受信できる。

新たな搭載母機候補になるはずだったYF-12も、1966年までに計画中止となったが、その技術は海軍航空隊に採用されたAIM-54「フェニックス」の開発に活かされ、AN/ASG-18も後のAN/AWG-9火器管制レーダー(F-111BF-14に搭載)の基礎となった。

スペックデータ

タイプXAIM-47AAIM-47B
全長3.82m
翼幅83.8m
直径34.3m33m
発射重量371kg363kg
射程160km+
速度マッハ4
推進方式固体推進ロケットモーター
エンジンロッキード XSR13-LP-1 固体燃料ロケットモーター
誘導方式セミアクティブレーダー誘導
弾頭高性能炸薬(45kg)



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS