Last-modified: 2017-05-27 (土) 11:02:31 (28d)

【AIM-26】(えーあいえむにじゅうろく)

AIM-26 Falcon(旧称GAR-11).

アメリカ・ヒューズエアクラフト社製の空対空ミサイル。AIM-4と同じく愛称は「ファルコン」。
アメリカ合衆国で唯一の、核弾頭を搭載した誘導空対空兵器である。
1956年から開発を開始し、1961年から運用が開始された。

本ミサイルは、AIM-4をより大型にし、核弾頭を搭載することで破壊力を強化したもので、主にF-102「デルタ・ダガー」?迎撃機に搭載された。
誘導方式はセミアクティブレーダー誘導で、レーダー近接信管を用いていた。
弾頭はM-388「デビークロケット」無反動砲のMk54核砲弾(核出力:10〜20t)と共通設計のW54サブキロトン核弾頭(核出力:250t)を使用した。

当初の運用者だったアメリカ空軍では1974年に退役したが、スイスやスウェーデンでは本ミサイルの弾頭を通常弾頭にしたモデルが使用されていた。
スイスでは「HM-25」の名称で呼ばれ、スウェーデンでは「Rb27」の名称でライセンス生産された。
スイス空軍ではミラージュIIIS、スウェーデン空軍ではサーブ 35「ドラケン」に搭載されて運用された。
スウェーデン空軍では1990年代初期までに退役している。

スペックデータ

全長2.14m
翼幅0.62m
直径0.29m
発射重量92.1kg
射程8〜16km
速度マッハ2
推進方式固体推進ロケットモーター
エンジンチオコールM60 固体燃料ロケットモーター推力26kN)
誘導方式セミアクティブレーダー誘導
弾頭W54核弾頭(核出力250t)/高性能炸薬(18.1kg)


派生型

  • AIM-26A:
    核弾頭搭載型。

  • AIM-26B:
    通常弾頭型。

  • HM-55:
    B型のスイス輸出型。

  • Rb27:
    B型のスウェーデンでのライセンス生産型。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS