Last-modified: 2021-11-19 (金) 14:59:03 (58d)

【AH-56】(えーえいちごじゅうろく)

Lockheed AH-56 "Cheyenne(シャイアン)."

1960年代、アメリカ陸軍のAAFSS*1計画に基づいて、ロッキード社が開発した攻撃ヘリコプターの技術試験機。
1964年にロッキード社の案(CL-840)とシコルスキー社の案(S-66)に絞り込まれ、1965年にロッキード社の案が「AH-56A」として採用、1967年に初飛行した。
AAFSS計画では不適格・不採用とされ、量産に移行する事はなかった。

縦列複座操縦席を持つ細長い胴体に、兵装搭載用のスタブ翼を備える機体形状。
ローターのほかに、尾部先端にプッシャー式プロペラを持ち、通常のヘリコプターよりも速度で勝る。
内装でもアビオニクスによる制御、赤外線暗視装置の採用など、当時の最新技術を結集させていた。
反面、性能を優先する冒険的な設計によって損傷時の生存性が大きく損なわれており、また保守整備の工数も膨れ上がっていた。

技術的問題などから再設計要求が相次ぎ、開発期間の遅延と開発費の高騰から最終的に不採用に終わった。
その後、AAFSS計画はベル・エアクラフト社のAH-1を採用し、これが世界で初めて実用化された攻撃ヘリコプターとなった。

関連:複合ヘリコプター

スペックデータ

乗員2名(前席:コパイロットガナー、後席:パイロット
全長16.66m
全高4.178m
主ローター直径15.62m
回転円板面積191.68
ブレードセクションRoot:NACA(4.6)3012 mod
Tip:NACA(0.6)3006 mod
ローターシステム4枚(主ローター、テイルローター)
プロペラ3枚定速プロペラ(プッシャー式
空虚重量5,320kg
全備重量13,600kg
最大離陸重量11,739kg
エンジンGE T64-GE-16ターボシャフト×1基(出力3,925shp(2,927kW))
速度
(超過禁止/巡航
212kts(393km/h)/195kts(361km/h)
航続距離1,969km(1,063nmi)
実用上昇限度6,100m
海面上昇率15m/s(3,000ft/min)
固定武装機首砲塔にXM51擲弾発射機システム(M129 40mm自動擲弾発射器(弾数300発))か
XM53機関砲システム(XM196ミニガン)×1門
腹部砲塔にXM52機関砲システム(XM140 30mm機関砲)×1基
兵装主翼下6箇所のハードポイントに以下の兵装を装備可能
BGM-71「TOW」対戦車ミサイル
Mk.4 FEAR「マイティ・マウス」2.75インチ(70mm)ロケット弾ポッド



*1 Advanced Aerial Fire Support System:新型空中火力支援システム。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS