Last-modified: 2014-06-04 (水) 15:55:37 (1114d)

【AA-9】(えーえーきゅう)

現在ロシア軍で使用されている長射程空対空ミサイル

NATOコードはAA-9「エイモス(Amos)」、ロシアではR-33と呼ばれている。
イラン革命後のイランから入手したAIM-54「フェニックス」の改良型もしくはデッドコピーとも言われていたが、同様の長射程AAMでもAIM-54とAA-9は全く違った設計、運用思想であり、完全な誤りである。
ロシア側の資料によると1972年から開発が行われ、AA-9及びザスロン兵器システムが完成したのが1980年12月。
西側がAA-9を初めて目撃したのは1985年である。

性能については、ロシア軍が公表するスペックによると最大速度はマッハ4.5で最大射程は120kmあるという。
誘導方式は初期誘導中間誘導慣性誘導終端誘導セミアクティブレーダー誘導を使用する。
AA-9はロシア軍MiG-31「フォックスハウンド」(最大4発搭載可能)にて運用されている。

後継としては、R-37(AA-13「アロー」)が開発されている。

IMG_9354.jpg

MiG-31に搭載されたAA-9(胴体下の大型ミサイル)

関連:AIM-54 MiG-31

スペックデータ

種別長射程空対空ミサイル
開発社ヴィンペル設計局
全長4.15m
直径38cm
翼幅118cm
発射重量490kg
射程10〜120km
速度マッハ4.5
推進装置固体燃料ロケットモーター
弾頭HE 爆風破片効果弾頭(47kg)
信管アクティブレーダー信管
誘導方式慣性誘導・指令更新およびアクティブレーダー
搭載機MiG-31「フォックスハウンド」
Su-27「フランカー」


主なバリエーション

  • R-33:
    標準型。

  • R-33E:
    輸出用ダウングレード型。

  • R-33S:
    運用母体であるMiG-31のアップデートに伴う性能向上型。
    レドームの後ろに小さなコントロールサーフェスを備えた機動性強化型で射程が160kmに延長された。



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS