Last-modified: 2016-04-26 (火) 19:23:37 (514d)

【AA-10】(えーえーじゅう)

現在ロシア軍で使用されている中距離空対空ミサイル
NATOコードは、AA-10「アラモ(Alamo)」と呼ばれ、ロシアではR-27と呼ばれている。

中距離空対空ミサイルとして開発されたものの、搭載母機であるMiG-23レーダー性能の限界もあって、AIM-7に遅れをとる結果に終わったR-23(NATOコードAA-7「エイペックス(Apex)」?)の代替として1972年から開発された。
当初はMiG-23に搭載する予定であったが、計画は遅れ、実用化されたのは1981年、就役したのは1983年からであった。
(そのため、代わりにR-23の終末誘導赤外線誘導からセミアクティブレーダー誘導方式に変更した型であるR-24(NATOコードはR-23と同じ)が開発された。)

主な搭載母機は、MiG-29MiG-31Su-27といったソ連の第4世代戦闘機のほか、ソ連崩壊後に近代化改修を行い運用能力が付加されたMiG-21MiG-23MiG-25に搭載されている。

戦歴ではエチオピア・エリトリア紛争において両軍の戦闘機(MiG-29とSu-27)による空中戦が発生し、双方がR-27を発射したが命中しなかったとされる。

関連:Su-27 MiG-21 MiG-23 MiG-25 MiG-29 MiG-31

搭載機

スペックデータ

設計者ヴィーンペル設計局
製造者戦術ミサイル製造会社(KTRV)
形式R-27RR-27TR-27ETR-27ERR-27AER-27EM
全長4m3.70m4.50m4.70m4.78m
直径23cm26cm
翼幅77cm80cm
発射重量253kg254kg343kg350kg
推進方式高性能指向
固体推進ロケットモーター
固体推進ロケットモーター
射程50km40km70km75km80km110km
速度マッハ4
弾頭HE 爆風破砕弾頭(37kg)
又は
HEコンティニュアス・ロッド(39kg)
誘導方式慣性/SAR慣性/赤外線慣性/SAR慣性/AR慣性/SAR
信管レーダー近接/接触
シーカー-9B-1032(PRGS-27)
赤外線シーカー
----


主なバリエーション


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS