Last-modified: 2016-04-26 (火) 18:57:54 (396d)

【AA-1】(えーえーいち)

旧ソ連が開発した、東側初の第1世代短射程空対空ミサイル
NATOコードは、AA-1「アルカリ(Alkali)」と呼び、ロシアではRS-1/RS-2U/US/K-88「マリュートカ」又はR-55と呼ばれている。

AA-1は空対空ミサイルでは世界で唯一のビームライディング誘導?を採用したもので、1950年代半ばに開発がスタートした。
ビームライディング誘導?は、指令誘導の一種でレーダーが放射するコード化された継続波ビームに乗り、自動無線誘導によって通視線上を目標まで追尾するものである。
そのため、当時としては珍しいレーダー搭載機のMiG-17PFU「フレスコ」Su-9「フィッシュポット」?YaK-25K「ファイアバー」?MiG-19PM「ファーマー」MiG-21PFM「フィッシュベット」にしか搭載出来なかった。
そのため、後期型のR-55/K-55(NATOコードAA-1B Alkali)やR-13MNATOコードAA-2D Advanced Atoll)は赤外線誘導を採用し、搭載出来る機種のバリエーションを増やしている。

1960年代に旧ソ連防空軍?(PVO)に配備され、他にアルバニア・中国・旧チェコスロバキア・ポーランド・ルーマニア・ハンガリー・旧東ドイツ・ブルガリア等に輸出された。
現在でもアルバニアのみ殲撃6用に使用されている。

カタログスペック

ミサイル形式AA-1
(RS-1)
AA-1A
(RS-2U/US/K-5M)
AA-1B
(R-55)
全長2.356m2.50m2.76m
直径20cm
翼幅54.9m65cm
発射重量74.2kg82.2kg(RS-2U)
82.7kg(RS-2US)
91.1kg
射程2〜3km2.5〜3.5km1.2〜2.8km
速度800m/s
飛行高度5,000〜10,000m2,500〜16,500m22,000m
推進方式固体推進ロケットモーター
弾頭HE 破片弾頭
(9.2kg)
HE 破片弾頭
(13kg)
HE 破片弾頭
(8.6kg)
誘導方式ビームライディング誘導?赤外線誘導


AA-1の主な種類


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS