Last-modified: 2014-03-08 (土) 13:54:45 (1352d)

【A-16】(えーじゅうろく)

ロッキード・マーチン社製の戦闘機F-16のバリエーションのひとつで、アメリカ空軍が用いてきたA-10「サンダーボルト供攻撃機の後継として、近接航空支援向けに改修した機体の通称。
F/A-16、もしくはF-16 CASとも呼ばれた。

機体はF-16A/B Block10をベースとし、AN/AAS-35「ペイヴ・ペニー」を搭載してペイブウェイ誘導爆弾の運用能力を持たせた。
また、胴体下にはGAU-8/Aを4砲身にして軽量化したGAU-13/Aガトリング砲を内蔵するGPU-5/A「ペイヴ・クロウ」ガンポッドを搭載している。

同機は1991年の湾岸戦争に少数が投入されたが、A-10よりも対空砲火に対して脆弱で、ペイロードが少なく、また高速であるため近接航空支援に向かないという評価が下された。
加えて、米ソ冷戦の終結に伴う軍縮による部隊数削減のため、A-7Fと共にこの計画は中止となった。

しかし、F-16に対地攻撃能力を持たせるという発想はF-16C/Dに受け継がれた。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS