Last-modified: 2016-12-13 (火) 20:42:26 (100d)

【9mm機関けん銃】(きゅうみりきかんけんじゅう)

自衛隊で使用されている国産のマシンピストル、「ミネベアM9」の制式名称。
9mmけん銃の後継及びロードマスター輸送機パイロット向けの自衛用として開発・生産された。
広報向け愛称は「エムナイン」。

開発は9mmけん銃ライセンス生産ニューナンブM60の製造をしているミネベアが担当した。

機関部は削り出し加工にて製造されている。
また、自動小銃などで一般的なセレクタレバーによるフルオートセミオートの切り替えが可能である。
もちろん(64式小銃89式小銃と同様に)「ア」「タ」「レ」の文字も刻まれている。

銃弾は9mmけん銃同様に9ミリパラベラム弾(9mmx19)を用いる。
作動方式は単純吹き戻し方式でオープン・ボルト撃発となっている。
一般的にオープンボルトはその機構上、銃身がぶれやすく命中精度が悪くなるが、本銃は大型のフラッシュハイダーを装着しているため、この手の火器としては比較的命中精度が高い*1
弾倉は箱型で1つにつき25発装填可能。

本銃最大の欠点は、(1挺あたり約40万円*2と非常に高価な)調達価格である。
これは(武器輸出三原則等との関係で)調達数が少ない上に実際の調達数以上の生産設備を維持する経費も含まれていることが関係している*3

現在、陸上自衛隊向けの生産は終了しているが、航空自衛隊及び海上自衛隊向けの生産は続けられている。
なお、最初に調達要求をしたのは航空自衛隊であった。

余談ながら、本銃はサブマシンガンと間違われており、MP5UZI?などとよく比較されることが多いのだが、名称にもあるとおりマシンピストルである。
また、タスコ・ジャパン(現 サイトロン・ジャパン)より本銃向けにレールシステムが発売されている。

スペックデータ

口径9mm
全長399mm
銃身長120mm
重量3.5kg
装弾数25発(箱型弾倉)
使用弾薬9mmパラベラム弾
作動方式単純噴出し式・オープンボルト撃発
セミオート/フルオート切替式
発射速度約1,185発/分
有効射程約25m
製作ミネベア株式会社



*1 9mmけん銃よりも命中精度が高いとされる。
*2 付属品含む。
*3 これは自衛隊向けに開発・生産される国産兵器すべてに共通する問題であるが、近年になって、武器輸出三原則等が「防衛装備移転三原則」に改められたことと、防衛省の外局として防衛装備庁が設置されたことで改善が期待されている。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS